不倫をする心理は謎?男性が不倫をする理由と対策

好きになった人が既婚者とわかっても、諦めたくないと思うのが不倫をする時の心境です。妻子ある男性との関係を断ち切るまでの心の葛藤もあるでしょう。自分は大丈夫だと思っていても、声を掛けてくるのは既婚男性ばかり…と頭を抱える女性もいます。

大切な家庭がありながら、他の女性に好意を抱く心理になるのは疑問に感じますよね。男性の身勝手さに振り回されて傷付かないように、自分で対策を練っていきたいものです。では既婚男性が不倫をしたくなる心理と、対策について迫っていきましょう。

 

モチベーションを高めたい

不倫をする心理には、自分自身のモチベーションを高めたい思いが隠されています。仕事もプライベートも刺激があると、やる気が生まれ活力へと変わるもの。気持ちが昂ることで、表情にも変化が表れるでしょう。

イキイキした表情の既婚男性は、酸いも甘いも経験豊富に見えて憧れる女性も。頼りがいのある姿に、不倫とわかっていても恋をしたくなりますね。男性が不倫をする心理は、誰かのためではなく自分のための場合が多いもの。自分自身をより良い状態に保ちたいと思う男性の心理によって、浮気心が動き始めるのです。

 

必要な存在だと実感したい

上を目指したいと野心や向上心が高い人に、不倫をしたい心理が沸き起こります。家族のために働いているけれど、どこか必要とされていないような虚しさから、誰かに必要とされたい気持ちが強くなることも。

家庭では面倒だと思うことでも、外では存在感をアピールするために、丁寧な声掛けや行動を意識する男性を目撃する場面もありますよね。

頼ってくる女性に対して、力になってあげたくなるのが男の美学。必要な存在になりたくて、紳士的な態度が女心を掴んで離さないのです。

一人に頼りすぎると、気があると勘違いされる可能性も。疑問やわからないことは、同性も含めて一人だけではなく色々な人に頼る習慣を身につけましょう。

 

自信を持ちたい気持ちが強い

不倫をする心理には、自分に自信を持ちたい本音も見えてきます。何かを達成して自信へ繋げる人は、刺激を求める傾向が強いのです。もっと自信が欲しくて、評価してくれる人を求めてしまう思いも。役職や収入が安定していても、さらなる欲求を満たしたいという思いが不倫の心理と言えるでしょう。

自分自身の魅力を妻以外の女性に魅せることで、中身だけではなく容姿にも磨きがかかって自信を持つ人もいます。

女性の扱いが上手いので、気になる存在になりやすい既婚者ですが、本心から誘ってくるわけではないことを頭に入れておくことが大切に。こちらがハマってしまう前に、誘われないような距離感を保つのを心掛けたいですね。

 

現実逃避でストレス解消

妻子ある人が不倫をする心理になるのは、家庭を守らなければいけない重圧から逃げたい気持ちが原因の場合も。現実逃避をすることで、気持ちの負担を軽くしたいとの思いが込められています。

家庭に帰ると急に現実に戻ってしまう虚しさが、こんなはずじゃなかった…と思わせてしまい不倫の世界へと足を踏み入れてしまう男性も。現実から目をそらすことで、ストレス発散をしているのです。

 

違った自分を楽しみたい

当たり前のような日々の繰り返しに退屈な思いを募らせていると、違った生活に憧れを抱くのも不倫をする心理。職場で気のある素振りで接してくる女性に対して、恋愛モードに切り替わって接したくなるのです。

妻とは違う初々しい反応が嬉しくて、男としての本能からアプローチをすることも。少しの間だけでもこの余韻に浸っていたいと、楽しむ自分に酔いしれている状態と言えるでしょう。

 

家庭以外に癒しが欲しい

仕事と家庭の往復に疲れを感じている時に癒してもらいたい不倫の心理は、既婚男性にとって幸せを感じられるもの。何も言わずに癒してくれる優しさに、居心地の良さを感じるでしょう。

夫婦生活が上手くいっていないと、他の女性の存在は次第に大きくなっていきます。心の中の弱い部分が大きくなると、逃げ出したくなる男性もいるはず。

こちらを見てくれているというよりは、ただ癒して欲しいとの思いが強く、恋愛感情もその場限りということが多いのです。

 

満たされない寂しさを抱えている

家庭も仕事も恵まれて幸せなはずなのに、不倫がしたい心理を抱いてしまうのは寂しい気持ちが消えないから。満たされている幸せに、慣れてしまった自分に気付かない男性もいるのです。

既婚者の心の寂しさが不倫の原因になることも。誰にも見せない弱さに魅力を感じる女性もいますが、尽くしても虚しくならないような接し方がポイントですね。

 

心の隙間を埋めたいだけ

自分では埋められない寂しさを、女性の愛情で埋めたいと思う不倫の心理。家庭では甘えられない既婚者が、妻ではない包容力のある女性に弱さをさらけ出す傾向も。

家庭を守る責任という窮屈さから、虚しさや寂しさに変わっていく場合があるでしょう。普段は強くて頼もしい人が、自分だけに弱さを見せてくれると女性としては嬉しくなりますよね。

本気で好きになってくれる場合もあり、甘え上手なだけという男性も。相手にのめり込まないようにするのが、不倫で悩まないコツでしょう。

 

別れるつもりはほとんどナシ

不倫をする心理には、家庭も不倫も両立したいとの気持ちが強く、どちらにもいい顔をしていたい心境が隠れています。不倫相手にいつか離婚するからと言いながら交際を続けても、実際は誰もが羨む円満な家庭生活を送っていることが多いでしょう。

幸せな家庭生活をより充実させるために、満たされない部分を不倫相手に求める既婚男性。妻と彼女の愛でやっと満たされているのです。

女性から見切りをつけないと、いつまでもこの関係を続けていきたいと考えているはず。女性の気持ちが自分から離れないように、繋ぎとめておきたいのが正直な気持ちでしょう。

 

まとめ

燃え上がる恋愛は刺激がありますが、障害がなくなると一気に冷めて物足りなさを感じるのが不倫の心理。離婚を前提としていた付き合いだったとしても、お互いの素の部分が見えてしまうと幻滅する確率が高いでしょう。

秘密の関係だからこそ特別感があって、大事にされている感覚が心地良くなるもの。しかし、この関係によって、傷ついている人がいることを忘れないようにしたいですね。真実の愛を見極めて、周りに祝福されるような恋愛を意識して幸せを掴むのもひとつの方法なのです。

 

☆こちらの記事も関連しています。

>>>浮気で修羅場になった時の対策方法とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です