不倫で罪悪感を覚えるのはこの5つの瞬間

不倫で罪悪感を覚えるのはどういう時でしょうか。不倫を楽しむ気持ちもあるかもしれません。でも時には罪悪感に襲われる時も。今回は不倫で罪悪感を覚える5つの瞬間について、お伝えしていきましょう。

 

帰宅して子供の顔を見た時

自分が既婚者の場合は、帰宅して子供の顔を見た時に「自分は何をしているんだろう…」と罪悪感を持つもの。子供がなついているような場合は、なおさら自分のしていることについて、このままでは良くないと思うでしょう。

実際に既婚者子持ちで不倫をしている女性もいます。不倫をしている時は幸せだけど、帰宅をして子供の顔を見ると、どうしても辛いので目を合わせられない…というような気持ちもあるでしょう。

既婚者の男性にも同じように言えます。帰宅をして子供に「おかえりなさい」と笑顔で言われると、ただいまと普通に言えない自分がいる場合もあるのです。

結婚相手の顔を見るよりも純粋な子供の顔を見た時の方が、罪悪感を覚える場合は多いもの。

 

妻の話を聞いた時

既婚者の男性と不倫をしている独身女性が、妻の話をしている男性の表情を見て、嫌な思いをする時もあります。

でも、例えば妻の悪口を言っていたり、妻に対しての不満を言ったりする男性もいますよね。こういう時に一緒にこの話をする女性もいますが、なんとなくこの話を聞かされていること自体に、罪悪感を覚える場合も。

不倫相手と妻しか知らないような内容を、わざわざ話してくる男性もいます。この時に、どうして聞かせるんだろう…と思いながらも、ここで罪悪感を持ってしまう女性もいるのです。

あまりにもこれが続くと、もう不倫をやめようかな…と思うケースもあるでしょう。

 

夫婦で歩いているのを見た時

たまたま街を歩いていて、不倫相手が妻と歩いているのを見るような時も。同じ職場ということなら、ここで挨拶をしないわけにはいきません。

遠目に見ただけなら逃げられるのですが、すれ違うような時もありますよね。もし、すれ違うような時には、相手に対して「〇〇さん!こんにちは」と笑顔で挨拶をする女性もいるでしょう。

ここでうまく切り替えないと…と思い、頑張れるのは女性の方なのです。男性は突然の出来事に弱いので、どうしていいのか分からずにうまく対応できないでしょう。

これを理解して、女性がしっかりとフォローをする場合も。でも、妻が笑顔で挨拶をしてくれた時には、不倫をしている自分に対して罪悪感を持つのです。

なぜこんなにいい奥さんがいるのに…と思い、これから不倫を続けるかどうしようか考え直すかもしれません。

 

妻と別れると言われた時

妻とこれからも仲良くしていこうとしていても、不倫相手をつなぎとめておきたい男性が嘘をつくこともあります。

例えば「妻とはいつか別れるから、待っていてほしい」と言われるような場合も。でもこれを真剣に言うような真面目な男性もいるのです。

不倫を真面目な男性がしてしまうと、結果として本気になってしまうので、妻と別れたいと思ってしまうケースもあるでしょう。

妻と別れると真剣に言われた時に、独身女性の方にこの気持ちがない場合は、「どうしよう…」と思い悩んでしまうものです。

妻と別れて結婚をすると言われても、それに対して素直にうなずけない女性もいるでしょう。というのも、不倫を遊びの恋愛と思っている独身女性も多いからです。

でも男性の方が本気になってしまったのを見て、なんとなく罪悪感を覚える例もあるでしょう。

 

不倫相手が離婚をしてしまった時

離婚してほしいと言っていないのに、既婚男性が勝手に離婚をしてしまうこともあります。「妻と離婚したよ」と後から言われた時に、生活を壊してしまった罪を独身女性としては感じるでしょう。

ここですぐに「これからは安心して会えるのね」と思える女性もいますが、ほとんどの女性は妻の気持ちを考えて、これが円満離婚なのかな…と心配になってしまうでしょう。

というのも、この後に慰謝料がどうこうと言われたり、不倫が理由で離婚に至ったりしたと分かった場合には、自分も巻き込まれるようになるからです。

不倫をしていて多少はリスクを感じていても、離婚をしたと聞いた時点でこれから先が怖くなってしまう独身女性もいるでしょう。

離婚をしてから、べったりと独身女性の方に向いてくる男性もいるのです。これが女性にとって本意ならいいのですが、そうは思っていないとしたら、どうやって別れよう…と悩むかもしれません。

不倫なんてしなければ良かった…と、ここで罪悪感を強く持つ独身女性もいるでしょう。

 

まとめ

不倫で罪悪感を覚えるのは、男女ともにあることです。でもこの罪悪感でさえ不倫をしている時には、楽しいと思うかもしれません。

罪悪感を覚えたので、不倫をやめよう…と思えるのならまだ正常なのですが、罪悪感があるからこそ、不倫は楽しいと思える場合にはあまりいい状態とは言えないでしょう。

周りが見えなくなっているからです。周りが見えなくなるような不倫をしないように、時には立ち止まって、自分の気持ちについても考えてみるようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です