不倫の悩みで経験者にしかわからない5つのポイント

不倫の悩みは、当事者にしかわからないことが色々あります。社会的には受け入れてもらえない不倫関係、しかし既婚者をあえて選んだわけではないのに…という心の葛藤がある場合もあるでしょう。

不倫で最終的にハッピーエンドになることは少ないもの。早く関係を清算して自分に合った恋愛をするべきなのかもしれません。

でもなかなか好きになった人を、簡単に忘れることはできないですよね。不倫は周囲の視線を気にしながら付き合わないといけないため、刺激的な関係になるメリットはありますが、逆にリスクが大きいことは二人にとってデメリットに。

ほかにも抱える様々な不倫の悩み、経験者だけがわかる5つのことについて見ていきましょう。

 

会いたい時に会えない

普通のカップルのように「今会いたいからすぐに来て」ということができないのが不倫の悩み。我慢ばかりするのは、とても辛い一面でしょう。

 

デートのドタキャンがよくある

デートの約束をしても、家族の用事でドタキャンすることがよくあります。どっちが大事なの?と聞きたいところでも、結局不倫だと後回しになるのは仕方がないこと。

オシャレして楽しみにしたのに、また今度ねと言われて簡単に終わってしまいます。

 

会いたくても我慢しないといけない

普通のカップルなら、いつでも好きな時に会えますが、不倫の悩みは時間が自由ではないこと。

いつでも会えない窮屈さを、感じてしまう場合もあるでしょう。でも我慢ばかりが続くので、久しぶりに会ったときはとても新鮮で楽しいデートができるという面もありますよね。

 

証拠を残せない

不倫で失敗したカップルは、お互いに社会の制裁を受けてしまいますが、そんなリスクを抱えながら二人はできるだけバレないようにあれこれ注意をしています。

証拠を残さない恋愛関係は、経験者にしかわからない不倫の悩みといえるでしょう。

 

レシートを残さない

デート中に知人に出会ったら大変、どこに行くか、どうやって行くか。毎回デートは二人にとってチャレンジになるでしょう。

食事をしたときのレシートを車のなかに忘れたまま。それを奥さんに見つかり、不倫がバレたということは、よくあるのです。

デートをしたことをバレないようにするためには、買い物や食事のレシートは必ず破棄する必要があるでしょう。

 

写真やメールは削除する

不倫相手と仕事のふりをして電話していても、何かしらおかしな素振りになってしまいますよね。いきなり部屋から出てメッセージを読んだり、電話を受けたりするのは家族から見ると、すぐに怪しいと思う行動です。

そのため内緒で旦那さんのスマホをチェックする人もいますし、人に偶然写真を見られてバレてしまうことも避けないといけません。

二人の思い出を残したいけれど、すべて記憶のなかで保存するしかできないのです。

 

恋愛相談がなかなかできない

恋愛の悩みは、不倫関係でももちろんあるでしょう。相手の性格や価値観の不一致など、さらに不倫となると色々な状況が壁となってしまいます。

 

バレるのが怖いので人に話せない

不倫がバレて部署が変わった、会社をクビになったという話をたまに聞きますが、それほど不倫は周囲から非難を浴びること。

まして自分の両親や兄弟に知られたら、家族関係すら縁を切られてしまうこともあるでしょう。

仲が良い友達に恋愛相談をしたいけれど、どこで話が漏れてしまうかわかりません。バレないように良いことも悪いこともすべて、自分のなかで閉じ込めないといけない負担があるでしょう。

 

相談相手がいない

普通の恋愛なら、同じような状況で恋をしている人はたくさんいますが、不倫となると同じ立場の人を見つけるのは大変。

そのため恋愛の悩みを抱えたときに、自分の立場になって相談相手になってくれる人がいないことは、とても辛い一面と言えるでしょう。

また信頼できる人に話をしたところで、しょせん不倫関係なんだから、と親身に相談に乗ってもらえないこともあります。

 

将来が見えない関係

不倫関係のゴールは期待したようにはなりません。必ずどこかに悲しむ人が存在するので、できれば早く関係を絶ち未来のある人と恋愛したほうが良いと、ほとんどの人は考えるでしょう。

 

結婚が出来ない

不倫関係で仮に既婚者が離婚したとしても、それで二人がうまくいくとは限りません。離婚者は不倫相手に責任をおしつけて、生涯心の溝が残ったままになるでしょう。

そして一度不倫を体験した人は危険な関係にハマりやすく、再び不倫をする可能性もかなりあります。

そんな可能性を考えると、結婚相手としてふさわしくないことは、経験者にしかわかない点かもしれません。

 

離婚してくれない

不倫関係の都合のよいところは、既婚者が家庭問題のはけ口として恋愛をすること。そのため「いつか離婚するから」という言葉をうまく使い、相手が離れないように操作しています。

口では離婚すると言っているけれど、なかなか行動を起こさない人、そんな関係が続くといつの日かバレて終わる、不倫相手に嫌気がさして別れるということになるのです。

 

頑張っても結局は不倫相手

不倫相手のくせに、たかが不倫と世の中からはキツイ一言を浴びせられることがあります。いくら頑張っても、自分の立場が変わらないことは覚えておかないといけません。

 

尽くす意味がない

頑張って奥さんよりも男性に尽くす不倫相手。性格も考え方も奥さんよりも素晴らしいのに、結局は不倫相手として評価されるだけなのです。

尽くした分自分に返ってくるメリットがなく、恋愛の価値がわからなくなってしまうでしょう。

 

世間体が悪い

本気で人を好きになり恋愛をしているつもりでも、世間では人のものをとった人、不倫相手という悪いレッテルが貼られてしまいます。

軽はずみな気持ちで付き合っているわけではないのに、結局不倫は悪いことで非常識な人間だと思われてしまうでしょう。

どうやっても不倫をしている間は、正当性をアピールできないものなのです。

 

まとめ

不倫の悩みは経験者にしかわかりませんが、恋愛上の悩みだけではなく不倫という特殊な環境はあらゆるトラブルを招く要因になります。

この先二人の関係はどうなるの?と不安になったときは、不倫相手と正直な気持ちでコミュニケーションしてみましょう。

責任ある行動が大人の恋愛には必要で、自分勝手な行動はできるだけ慎みたいですね。不倫の悩みを解消するには、別れることを考える必要もあるかもしれません。

 

☆こちらの記事も関連しています。

>>>不倫をする心理は謎?男性が不倫をする理由と対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です