かまってちゃんの心理は分かりやすい?その思いとは

かまってちゃんの心理について、どうして?と思うような時もありますよね。ではかまってちゃんにはどのような心理があるのでしょうか。その思いについて一緒に見ていきましょう。

 

自分を見てほしい

目立ちたいと思うけれど、人があまり自分を見てくれていないように思うと、かまってちゃんの心理がはたらきます。

もともとかまわれているのなら、目立ちたいと頑張らなくてもいいのですが、かまってもらえないと「もっと目立たないと!」という気持ちになるのでしょう。

もし目立つことができれば、皆が自分をかまってくれる…と思うので、見てほしいために努力する人も。でも、どんなに努力をしても、なかなか目立つことができない人もいますよね。

こうなると、自分を見てもらうのを諦めて、かまってくれる人を探す行動も。自分をかまってくれるなら誰でもいい…と諦めてしまう人もいます。

 

甘えん坊

甘えん坊の性格の人も、かまってちゃんになりやすいです。甘えるのが得意だからこそ、かまってちゃんになれるのでしょう。

もし甘えるのが苦手だと、かまってちゃんになりたくてもどこか違和感を与えてしまう場合も。人から見てかまってちゃんだと感じる人は、上手に甘えられるのです。

甘え方については、特に努力をしなくても理解している可能性も。甘えるのが苦手な人から見ると、うらやまいしと思う気持ちもあるでしょう。

甘えても許されるタイプと、あまり受け入れてもらえないタイプがいます。許されるタイプだからかまってちゃんでいられる場合もありますので、その辺りを心得ている人もいるでしょう。

 

大切にしてほしい

自分のことをもっと大切にしてほしい…という思いを、かまってちゃんは持っています。大切にしてくれていると感じると、嬉しくてたまらないのです。

どうすれば大切にしてもらえるのか、と悩む人もいるでしょう。でも、どんなに悩んでも大切にしてもらえる方法が分からずに、一人でいるしかないと諦める人もいます。

大切にしてくれる相手を見ると、これが嘘や偽りであっても信じてしまい、相手の言う通りにしてしまうような純粋さも。

これをいいように利用されてしまう可能性もありますので、気を付けるようにしたいですね。特に女性は大切にしてくれる男性だと思うと、相手を信じて好きになる傾向があります。

でも、本心ではないような男性もいますので、冷静になって相手の思いを見抜くようにしましょう。

 

相手を好きな気持ちがある

誰にでもかまってちゃんになる人もいれば、ある特定の相手にだけなる人も。特定の人にだけかまってちゃんになるのは、相手を好きだ思っているからです。

相手を好きだからこそ、放っておかれることに対して敏感になってしまう心理もあるでしょう。好きな人が自分をかまってくれると、幸せで穏やかな気持ちになれるのです。

でも、かまってくれないと、悲しくて落ち込んでしまう場合も。好きな人の態度や言葉により、幸せにも不幸せにもなれるのは、恋愛をしているからでしょう。今までは自分はそんなタイプではないと思っていた場合は、どこか新鮮な思いを持つはず。

自分にもこんな一面があったんだと思うと、不思議な気持ちになるでしょう。でも、人を好きになると、自分の違う一面を知ることが出来るので、これはとても素敵ですよね。

 

モテたいからかまってちゃんになる

女性だけではなくて、男性でもかまってちゃんは可愛いと思われる場合がありますよね。放っておけない魅力を相手に与えたくて、わざとかまってちゃんを演じる心理もあります。

モテたい!と思うから、かまってちゃんを演じてみたら結構自分に合っていて、本当にモテるようなケースももあるでしょう。

やっぱり自分は、かまってちゃんが向いているんだと思うと、これから先もこの路線でいこう!と思うかもしれません。

男性でも、かまってちゃんの人がいますが女性から見ると、母性本能をくすぐられて可愛い系男子のように見えるもの。

自分が傍にいてあげなければ…と思わせるような魅力を与えらえるのです。こういう魅力を与えることが出来れば、恋愛を自分の思い通りに進めていけるでしょう。

今まであまりモテなかった人も、かまってちゃんになったからモテたという例もあるのです。

 

まとめ

かまってちゃんの心理は、わざとの場合もあれば無意識にというものも。相手がどちらの気持ちでかまってちゃんになっているのか、これを見極めるのがとても大切です。

無意識にかまってちゃんになる人は、本当に心のどこかで誰かの存在を求めている思いがあることも。

寂しくてかまってほしい思いを持っているけれど、なかなか素直に出せないような人もいるのです。こういう相手になら、かまってあげて少しでも寂しさを軽減させてあげたいですよね。

相手の本心を見るためには、やりとりを何度かしていくのが大切です。月日が経つうちに、かまってちゃんの思いについて気が付くことも多いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です