目をそらす心理に隠れているのはこの思い

目をそらす心理について、謎めいている…と気になった経験もありますよね。自分が目をそらしてしまう場合もあれば、相手が目をそらす時も。

どのような心理なのかを知れば、自分や相手の思いが見えてくるはずですので、その心理について参考にしてみてくださいね。

 

気まずさを感じる

相手に対して気まずさを感じると、目をそらすことがあります。まっすぐ見ていられないのには、何か隠したい思いがあるのかもしれません。

 

内緒にしていることがある

何か言えないような内容があるので、つい目をそらしてしまう心理があります。言えないことに対して、相手に気がつかれたくない思いがあるのでしょう。

もしも気がつかれてしまったら困る…と思うので、目をそらして何事もなかったかのように振舞うケースもあります。

内緒や秘密にしている内容は、バレたら自分と相手の関係を悪くするものの場合には、相手との距離が出来るのを防ぎたい思いもあるのでしょう。

 

どう接していいのか分からない

まだあまり相手に慣れていないような時にも、目をそらす心理があります。相手とある程度慣れている関係なら、目を見て話せる人も。

でもまだ慣れていない相手だと、何を話したらいいのかとても悩んでしまうのです。接し方について考えるためにも、ひとまず目をそらすという行動に出る場合も。

目を見つめながら接し方を考えるタイプもいますが、それは余裕がある時が多いでしょう。でも余裕がないからこそ、目をそらしながら今後の接し方を考えるしかないのです。

余裕の持てない自分に対してはがゆい思いを持ちながらも、どうしても目をそらしてしまう時もあるでしょう。

 

苦手意識がある

相手に対して苦手意識を感じると、どうしても気まずさから目をそらすことになります。相手を話しやすい人と思う気持ちがあれば、苦手意識は感じないでしょう。

でも相手に対して「なんだか苦手だな…」と思う相手なら、どうしても視線にそれが出てしまうのです。

視線に出さないように努力をしても、目をそらしてしまう。これは自分でコントロールできないケースが多いので、無理に目を合わせようとすればするほど不自然になるでしょう。

 

緊張しやすい性格

緊張しやすい性格の人も、目をそらすことが多いです。緊張を隠そうと思っても視線に出てしまうことが多いでしょう。

 

相手に好意がある場合

好きな人に対して、目を見つめながら話したいけれどそれが出来ずに目をそらす女性も。男性にとってはこの反応に可愛らしさを感じて、より目を見つめようとしてくるかもしれません。

でも気になる男性に対しては、思い切って目を合わせるようにしてみましょう。そのうえでどうしても出来ない!と思った時には「緊張してしまって」と言うようにすれば、相手の男性はなるほどと理解してくれるはず。

緊張している思いを言わなければ、嫌われているから目を会わせてくれないのかな…と男性に思われるかもしれませんので気を付けるようにしたいですね。

 

相手の方が上に感じる

相手の方が自分よりも優れていると感じると、委縮してしまい目をそらしてしまう心理もあります。

例えば職場の先輩に対しては目をそらしてしまうけれど、後輩にはしっかり目を見つめて話せる女性もいるでしょう。

相手に対して目を見てしっかり話そうと思っても、自分の方が下の立場だと思うと遠慮をしてしまい、目をそらしてしまうのです。

でも相手から見ると、目をそらされると不快と感じるケースも。不快だと思われないようにするためにも、相手が上の立場の場合も、出来るだけ目を合わせる努力をしてみましょう。

 

照れやすい性格

照れやすいタイプの場合も、目を合わせるのが苦手です。目をそらして相手と話すことを好むでしょう。もしも仲良くなりデートをするようになった男性が照れ屋だと感じたら、カフェなどの席はカウンターに座った方が良いのです。

それなら目を合わせて話すということをずっとするわけではないため、たまに目が合えばいいだけ。男性としてはかなり気持ちが楽でしょう。

二人の仲が進展して穏やかに過ごせるようになれば、カウンター席ではなくても相手の男性が目を合わせるのに慣れてきているため、平気になってくるのです。

ここで配慮をしてあげることで、気配りの出来る女性と思われて評価が高くなるでしょう。

 

良からぬ想像をしていた場合

人によっては妄想が好きということもありますよね。女性にも妄想をするのが好きな人がいますが、男性にもいるのです。妄想をしてそれで自分の中で楽しんでいる男性も。こういう時には、なんとなく目を合わせづらいと感じるもの。

 

妄想をしていたことをバレたくない

妄想をしていたのでは…ともしも気になる女性にバレたら、かなり引かれそう…と思い、男性としては目をそらすでしょう。

もし目が合って、なんとなく挙動不審に見えたら妄想していたとバレてしまうようで、とても不安なのです。

もし男性の目を見つめた時に、顔を赤くして目をそらしたのなら何か良からぬ想像をしていた可能性が高いでしょう。

 

シチュエーションを考えていた

告白するならこんな雰囲気で、デートをするならこの場所がいいな…というように自分の中でシチュエーションを考えていた時も、それを女性に知られたくない思いがあります。

もう交際をしてやりとりを頻繁にしている関係なら問題ないのですが、まだ仲良くなりかけのような間柄となると、ここで自分なりにシチュエーションを考えているのは、少し恥ずかしいこと。

そう思う男性は多いでしょう。もし素直な男性なら「今何を考えていたの?」と女性が優しく聞いたら「一緒に〇〇に行きたいなと思っていたんだ」と言うかもしれません。

一度思い切って聞いてみるのもいいでしょう。相手も誘いやすいと感じて良いきっかけをくれたと感じるはずです。

 

まとめ

目をそらす心理には、目をじっと見ていられない…という多少の危機感を感じているケースが多いです。

つまりは、目を見つめようとしてもできない場合が多いので、相手に対して少しフォローをしてあげる必要があるのです。

ここで優しくフォローやサポートをしてあげると、相手が安心して目をちゃんと見てくれるようになるでしょう。

 

☆こちらの記事も関連しています。

>>>チラチラ見る人の心理が語る隠された気持ち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です