浮気を隠すのが下手な人の特徴について

浮気を隠すのが得意な人と、すぐにバレて失敗するタイプの人がいます。どんな内容でもバレたくないことをうまく隠し通すにはスキルが求められ、ポーカーフェイスで簡単に押し通す人も少なくありませんよね。

浮気となるとバレたら大変なリスクがありますので、当事者の皆さんは慎重に普段の行動をとっているでしょう。

ちょっとしたはずみに証拠がバレてしまう浮気、完璧に無実をアピールするためにはよほどの覚悟がないとできません。

浮気を隠すのが下手な人、うまくやり過ごすタイプと比べると憎めないところもあるでしょう。

早速ですがこんな人は浮気が隠すのが下手という、気になるポイントを見ていきたいと思います。自分に浮気は無理だ、そう納得する人もいるはず。

 

嘘をつけない正直なタイプ

嘘をついたことが一度もない人は世の中に存在しないかもしれませんが、嘘のつき方は人それぞれでなかにはうまく嘘がつけない人もいますよね。

浮気を隠すのが下手な人に共通する嘘のつき方、こんな人は浮気する前に諦めたほうがいいかもしれません。

 

罪悪感があって嘘がつけない真面目タイプ

浮気を隠すのが下手な人は基本的に嘘をつくことが嫌い、もしくは浮気相手に罪悪感があり嘘をつきたくない心理があります。

浮気は最大の裏切り行為、バレなければいいと解釈する人もいますが真面目な人は浮気に対する罪だけでなく、大切な人に嘘までつくことに対してかなりの罪悪感を感じてしまいます。

しかし正直に話すことは出来ないし、なんとかしてごまかしたい。そんな矛盾したあいまいな気持ちがバレやすい嘘になってしまうでしょう。

 

口下手で嘘がつけない

浮気がバレても口実や言い訳がスラスラ出てくる達人は、浮気を繰り返すでしょう。しかし浮気を隠すのが下手な人のなかには、口下手で怒られたり追求されたときに思うように言葉が出ずに嘘がバレてしまうことがあります。

浮気を隠すにはあらゆる角度から証拠隠滅が必要、肝心なのはどうやってバレそうになった時に納得する説明できるか。口下手な人はパートナーにやり込められて返答できなくなります。

 

言ったことがコロコロ変わってしまう

週末になるとゴルフ、毎週金曜日は残業、そんな嘘っぽい浮気の口実もブレずに言い張っていれば相手が納得することもあります。

しかし嘘がつけない性格だと嘘の世界に暮らすのが苦手で、言ったことがコロコロ変わってしまうのです。

「確か今日残業って言ってたよね」なんて追及されてハッとした瞬間に怪しいと思われます。

そこで瞬時に新たな言い訳ができるかどうか、慣れない人には高いハードルになるのでしょう。

 

挙動不審でバレる

浮気をしているとあちこちに神経を使い、いつもとは違った挙動不審な行動をとることがあります。

なんだかおかしいと怪しまれるとさらに不審な行動になり、結局白状せざるを得ないことになるでしょう。浮気を隠すのが下手な人は次の行動が落とし穴になります。

 

外で携帯を使う

スマホの着信音が鳴ったとたん部屋から出る、外に出るなどの行為は簡単に怪しまれる原因です。

とくにLINEの着信音などは浮気の可能性があるので人前で読まない人は隠し事があるサインです。

気を付けて浮気をする人は電話を使ったやりとりはしないはずですが、SNSには秘密が隠されている可能性があります。スマホを常に持ち歩くようになった場合は浮気をしているかもしれません。

 

おしゃれに気を使う

今まで洋服なんてまったく興味を持っていない人が自分で新しい洋服を買ってきたり、コロンなど香りを意識するようになるのは浮気のサインです。

これらの挙動不審な態度は浮気相手に夢中になっている可能性があり、ついやりすぎの行為でバレてしまうのです。

下着が新しくなった、今まで見たことがない洋服が増えたという場合は誰かの存在を感じますよね。

 

好みが急に変わる

いきなり聴いたことがない音楽を聴き始めることや、食べ物の好みが変わるなど。おかしいなと思う挙動不審な態度は浮気相手から影響を受けている可能性があります。

「なんでこのアーチストいきなり聴きはじめたの?」ある日唐突に質問してみましょう。浮気の達人なら、自分からバレないようにコメントしてくるものです。浮気が隠せない人はしどろもどろになり、怪しいサインがひたすら増えてしまうだけでしょう。

 

口が軽い自業自得タイプ

浮気しているとみんなに言いふらしてしまうといつか必ず自分に戻ってきます。口が軽い人は浮気を隠せないタイプで、後悔することも多いでしょうね。

 

浮気を自慢したがる

浮気していることを自慢したがる人は、周囲から決してよい印象としては受け入れられません。浮気相手とデートした、旅行する予定があるなど、周囲にもらした話がいつか必ずパートナーの耳にも入ってしまいます。

信頼できる友達だけに告白したつもりでも、「絶対に内緒にしてね」と次から次へと話が広がっていくでしょう。

 

油断してバレてしまう

口が軽い人は会話のなかだけでなく、普段の行動にもスキがあるのでちょっとした行動や証拠を残して浮気がバレてしまいます。

たとえばデートした時のレシートが車のなかに残ったまま。洋服に相手の香水が残っている、目立つところで二人でデートしているなど。

絶対にバレないと油断すると肝心なところでバレてしまい、取り返しがつかない状況になることもあります。

少しでも疑いがかかると、パートナーは証拠をつかみたくあらゆることに敏感になっています。信じたいけどなんだか怪しい、そんな気持ちがあると普通の行動ですら考えすぎて浮気のサインだと解釈してしまうでしょう。そんな緊迫した環境を生み出さないためには油断は禁物なのです。

 

まとめ

浮気を隠すのは一苦労、しかしバレずに続けたとしても心のどこかに必ず罪悪感が残ります。浮気は悪いことだという常識がある世の中、できればパートナーを傷つけずないのが理想ですよね。

嘘をつけない人、隠し事が苦手な人は自分の性格に正直になり、浮気をしないことが一番の安全策でしょう。

浮気をしたことで、大切なパートナーを失ってから後悔をしても、遅いという例はとても多いのです。その場の勢いで浮気をする人もいますが、少し先のことを考えると今の行動について、冷静に判断できる場合もあるでしょう。

 

☆こちらの記事も関連しています。

>>>浮気で修羅場になった時の対策方法とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です