告白の断り方をスムーズにして関係を崩さない方法

告白の断り方は、相手を傷つけないようにすることが大前提ですが、自分が思ったように気持ちが伝わらずその後ぎくしゃくした関係が始まってしまうことがありますよね。

自分を好きになってくれた人に対して敵意を持つことは少ないと思いますが、はっきりと態度に示さないと、誤解が残りお互いに嫌な思いをする場合もあるでしょう。

告白の断り方はとても慎重に判断しないといけない瞬間で、相手の立場を思いやる気持ちが重要です。

でも恋愛対象ではない人でも、その後もある程度の距離感を残して良い関係を続けたいですよね。

そんな場面で悩んでしまう人にとって大切なのは、告白の断り方をマスターして相手にできるだけ好感を残しながら、今後の付き合いを続けること。その方法についてお伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。

 

友達として付き合いたい気持ちを積極的にアピールする

告白の断り方は、はっきり伝えたくても相手が可哀そうで曖昧な態度を取ってしまうこともありますよね。

でも中途半端な断り方が一番相手にとって傷つくので、恋愛対象ではない人にははっきりと自分の気持ちを伝えて、友達として今後付き合いたいことをうまくアピールしましょう。

 

好きな人がほかにいる

告白の断り方として定番なのが「ほかに好きな人がいるから」という伝え方があります。でも相手にそれだけを伝えて終わりにしてしまうと、ちょっと冷たい態度にとられてしまいますよね。

そんな場面で上手な告白の断り方を実践するには、ずっと前から好きな人がいるということを申し訳なさそうに言うようにしましょう。

振った後は多少気まずい関係になるのは想定内、でも友達として付き合える可能性を残しておけば相手も多少はショックが和らぐはずです。

 

友達としてずっと付き合いたい

告白の断り方で強く印象を残したい点が、友達なら別れることがないのでずっと付き合えるということ。

今までの関係が自分には一番快適で、今後も友達としてずっと自分の人生に存在してほしいと、逆にお願いするように気持ちを伝えてみましょう。

友達関係から恋人にシフトするのは失敗した時のリスクがとても大きく、大切な人とは最初から友達として付き合っておいたほうが良いですよね。

恋人関係ではなくても、自分にとってとても重要な存在であると伝え、誤解がないように気持ちをアピールしてください。

 

いつも通り自然な態度で接する

振られた相手にとっては、その後はショックを受けてまともに顔を見られないほど恥ずかしい経験になる可能性も。

実際に振られた直後に、すぐに気持ちを切り替えられる人は少ないでしょう。相手の心の葛藤を理解したうえで、告白を断った後は自然な態度で接してください。

相手から近づいてくることが二度とないかもしれませんし、そのまま距離感を残してしまうとお互いに嫌な存在に変わってしまいます。

そんな難しい状況をうまく回避するためには、今まで通り同じことを続けてLINEをしたり話かけたりするなど、自分から相手にアプローチしてみてください。

 

デートではない出かけ方心がける

告白の断り方は、どのように相手が受け止めるか分かりませんので、思った以上に落ち込んでしまう人もいるでしょう。

大切なのは告白の後に、どうやって相手に接するか。自分のアプローチ方法がとても重要になるのです。

いつまでも仲良くしたい相手なら、気まずい思いを理解して積極的に自分から誘って付き合いを続けていきましょう。

 

グループで行動を一緒にする

2人で食事をしたり買い物をしたりするなど、まるでカップルのような行動は相手が困惑する原因に。

告白を断りはっきりと気持ちを伝えたにも関わらず。中途半端な態度を続けるのは相手に対して失礼になってしまうのです。

できるだけ仲良くしたい人なら、単独で行動せずにグループで出かけることを意識してみましょう。

注意したいのはダブルデートのようにならないこと。男女が一緒に行動する時には、勘違いされないように複数の人数がいる、または会社の飲み会などのイベントとして一緒に行動できるチャンスを選ぶようにしましょう。

 

夜のお出かけはしない

昔ながらの異性の友達なら、二人で飲みに行ったりすることもありますが、告白された相手とはその後の付き合い方に注意する必要があります。

仲良くしたいという気持ちはとても大切で、友達として交際を続けるためには自分だけのルールを作っておくと良いでしょう。

たとえば夜二人で飲みに行くのは、よほど相手と信頼関係や双方に恋人がいるなど、間違いが起こらない状況がないと不安ですよね。

また夜景がきれいなスポットなど、デートの定番のような夜のお出かけはなるべく避けたほうが良いでしょう。

 

カップルのイベント時は一緒に過ごさない

いつまでも仲良くするためには、友達としての態度をはっきりと相手にわかるようにアピールするようにしましょう。

たとえばクリスマスやバレンタインデーなどの、カップルが一緒に過ごす日に相手を誘うのはNGです。

もしかしたらまだチャンスがあるかも?と相手が期待をしてしまうことも。友達として付き合うためには、カップルのように習慣的に会ったり、頻繁にメールのやりとりをしたりするのは避けたほうが安全です。もし自分が相手の立場だったら…と考えてみるといいですね。

 

嫌いではないことを伝える

告白の断り方で忘れてはいけないのは、相手にとって振られることイコール嫌われていると思ってしまう点です。

そう解釈されてしまうと、今後も仲良く付き合いたいと思っても、相手が距離を置いてしまうでしょう。そんな場合は次のポイントを意識して気持ちを伝えてください。

 

思わせぶりな態度があれば謝る

もし自分に落ち度があり、好きにさせるように仕向けてしまったのなら素直に謝りましょう。

特別な優しさや意味ありげな視線などは、勘違いさせる原因になりますので、誤解を与えてしまった場合には、正直な気持ちを伝える必要があります。

 

振られる辛さを理解している

振られた相手が一番嫌なのは、いつまでも同情されること。可哀そうと思う気持ちは、自然に態度に出るため、冗談を言ったりふざけたりして今まで通りの態度でいるように意識してください。

振られることの辛さは、体験した人ではないと分かりませんが、心の痛みを理解することが今後の付き合い方にも反映されていくでしょう。

 

まとめ

告白の断り方は、正直な気持ちで相手に接することが一番大切です。なかには振った相手を好きになって結ばれるカップルも。今後の展開についてはまだわかららないので、これからの接し方については、慎重にしていくようにしましょう。

☆この記事に関連するオススメのこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です