脈なしで告白~好きな男性を振り向かせる秘訣

脈なしで告白するのはかなりのリスクがありそうですが、下準備をしっかりしておけばOKしてもらえる確率が高くなります。

好きな男性と両想いになって、恋人関係が始まるのはまるで夢のようなこと。それを実現させるには、相手を振り向かせるちょっとしたコツを使うといいですね。

でもどうやってそんなことができるのだろう、そんな疑問を持ちながら自己流でアプローチする人は多いですよね。脈があるかないか判断するのは難しいことですが、告白を成功させるためには、相手の気持ちを少しでも理解することが必要です。

そこで早速ですが、脈なしで告白するときに覚えておきたい、相手を振り向かせるコツについてご紹介しましょう。

 

脈ありかどうか調べる方法

男性の態度だけでは自分のことを好きなのかどうか判断しにくいことがよくありますよね。とくにシャイな人だと本音がわからず、恋のきっかけを見逃してしまうことも。

脈なしで告白するのか、それとも少しはチャンスがあるのか、それによって覚悟の仕方は変わります。では次のポイントをチェックして脈ありかどうか調べておきましょう。

 

よく目が合う

好きな人のことはつい視線で追いかけてしまいますが、それは男女関係なく男性も同じように好きな女性なら、つい遠くからでも見つめてしまいますよね。

よく目が合う男性とは特別な空気が流れるので、恋人になるチャンスが高いといえるでしょう。

好きな人がまったく自分に興味を持っていない素振りや、近くで話をしても目を全く合わさないのは脈なしの可能性も。恥ずかしくてドキドキするタイプの人なら、すぐにその場から去ってしまうでしょう。

 

褒めてくれる

脈なしで告白するのはかなりハードルの高さを感じますが、少しでも可能性があれば積極的にアクションが起こせます。

もし気になる男性がいつも自分のことを褒めてくれる場合、そんな存在の人は好感を残したくて頑張っている証拠です。

洋服の趣味、仕事の成果、性格などやたらと絶賛してくれる人には心を開きたくなりますよね。

男性からのアプローチはストレート過ぎることもよくありますが、まずは良い人を目指して近づいてくることが多いでしょう。

 

ほかの人よりも優しい

周辺の人と比べると、自分だけに特別な態度で接する男性がいませんか。困っている時すぐに駆け付けてくれる人、悲しい顔をしていると声をかけて心配してくれる人、こんな優しい行動は、好きな女性にしかしないことです。

たとえ言葉で「好きです」と告白しなくても、男性は最大の優しさで愛情表現をしていることがあります。ほかの人とは違う優しさで接する人は脈ありの可能性が高いので、告白するときに自信を持っていいでしょう。

 

もっと好きになってもらうコツ

告白したい男性がいる時は、肝心な時を迎えるまでに色々な努力をして少しでも気持ちを引き寄せたいところ。

ではどんなことをしたら、好きな男性が振り返ってくれるか次のコツを実践してみましょう。

 

笑顔で挨拶する

どんなにメイクをして飾っても、笑顔に勝るものはありません。脈なしで告白する前にしておきたいことは、毎日笑顔で好きな男性に挨拶することです。

話をしたいけれどチャンスがないときはよくあり、ここで自分の存在感を知ってもらうためには、たった一言の挨拶がとてもインパクトになりますよ。

素敵な笑顔で元気が出るような挨拶を心がけてみましょう。そのときは必ず相手の視線に合わせ、特別な感情を読み取ってもらうことが必要ですね。

 

それとなくスキンシップする

女性からのタッチ、男性思わずドキッとするかもしれませんが、決して気分を悪くするのもではなく相手の存在が気になるチャンスになります。

それとないスキンシップは腕に軽く触れたり、洋服の襟を直してあげたりするなど。誰にでもできるようで、やらないようなことをするのが大切です。

男性のなかには鈍感で「好き」のオーラを送っても、気が付いてくれない人もいます。そんな人には、積極的にアクションを起こさないと特別に見てもらえませんよ。

 

ナチュラル感をだそう

派手な女性や、やりすぎのタイプは男性にとって本気になる相手ではなく、遊び相手や一緒に連れ歩くだけの存在。彼女として信頼関係を持つには、癒しや優しさを感じる人が魅力的です。

そのためにはできるだけ自分らしく行動をすること。印象をよくするためにはナチュラル感を意識して、白やピンクなどの淡いカラーで優しく見せる演出をしてもよいでしょう。好きな男性に振り向いてほしいために、無理に背伸びするのは失敗のもとになります。

 

告白のタイミングが大切

脈なしで告白するとき、成功率を上げるためにはタイミングにも注意してください。次のポイントを意識して相手が即返事したくなるシチュエーションを作りましょう。

 

メッセージのやりとりで仲良くなってから告白する

告白するのは綺麗な夜景でロマンチックなところ、そんな素敵なシーンを期待する女性とは違い男性はもっと現実的です。

脈なしで告白するときは、少しでも親近感があり仲良くなったほうが男性は恋人としてイメージしやすくなります。

話をしたことがない人、あまり親しくない人だと返事をしようにもお互いのことがわからないので相手は困ってしまうでしょう。

そんなときはまずメッセージのやりとりから。SNSで友達になりメッセージのやりとりをするのもよいでしょう。

仲が良くなると、特別な気持ちを抱きやすくなりますので慌てずに下準備してください。

 

誕生日などの特別な日に告白する

自分のことをどれほど大切に考えてくれているか、そんな気持ちを好きな人に抱くのはとても自然なことですよね。

告白のタイミングとして相手の誕生日や、仕事で成功したときなど、好きな人にとって特別な意味を持つ日を選ぶことは成功の可能性が高くなります。

なんでもない普通の日だと印象にも残りませんが、二人の記念日にするためにもいつ告白するか大切な日を色々と考えておきましょう。

脈なしで告白するためには少しでも相手に近づき、自分の魅力を知ってもらわないといけませんよね。

特別な人だと知ってもらうためにも、告白のタイミングは慎重に判断してくださいね。

 

まとめ

脈なしで告白しても、絶対に失敗するとは限りません。成功のカギは下準備。好きな男性の気持ちをつかむには相手の性格や好み、恋愛観なども考慮してアプローチすると良いでしょう。

まったく脈なしだと思っていたら、相手も同じ気持ちでいたというラッキーなこともあるかもしれません。

 

☆こちらの記事も関連しています。

>>>デートの誘い方でOKしてもらいやすいもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です