ドタキャンの心理を知って今後の付き合い方を見直す方法

ドタキャンの心理にはどのようなものがあるのでしょうか。ドタキャンをされた経験がある人なら、ドタキャンする人は何を考えているのだろう…と一度は疑問に思ってしまいますよね。

そんな時、ドタキャンの心理を知っていれば上手く立ち回ることや、ドタキャンをよくする人との付き合い方を見直すためのヒントを見つけることが出来るのです。

そこで今回は、そんなドタキャンの心理に注目していきましょう。ドタキャンをする人はなぜドタキャンをするのか…ドタキャンをする人との付き合い方を見直したい、何か対策を考えたい、そんな人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

自分の都合を最優先してしまう

ドタキャンの心理には、自分の都合を最優先にしてしまうというものもあります。例えば朝起きて今日は出掛けたくないな…と思ったらドタキャンをしてしまったり、他に楽しいことや優先したいことが出来た場合にはドタキャンをしてしまったり。そんな感じで自分の都合を最優先にしてしまうのです。

この心理の持ち主は、基本的に自分勝手な性格が目立つので、もし度重なるドタキャンに嫌気が差すのであれば正直に気持ちを伝えて、様子を見ると良いでしょう。

それでも駄目なようなら今後付き合い続けるのは、苦労やストレスが伴うのは容易に想像が出来るので、距離をあけると良いでしょう。

 

予定を立てるのが苦手である

ドタキャンの心理には、予定を立てることへの苦手意識もあります。ドタキャンをするつもりはなくても、スケジュールを管理するのが苦手なのでしょう。

そのため予定が入っていたことを直前に思い出して、やむなくドタキャンをしてしまうのはこの心理の持ち主によく見られる傾向ですね。

予定を立てるのが苦手だったり忘れっぽい性格だったりするので、ドタキャンの他にも時間にルーズなことや、ミスが多いなどの特徴も他に見られます。

本人に悪気はなくて、ドタキャンに対しても罪悪感を抱いていることがほとんどなので、そういう場合にはこまめに予定の確認をしてあげると、ドタキャンの回数も減らせるはずです。

 

きっと許してくれるだろうと思っている

ドタキャンの心理には軽い考えもあります。ドタキャンをしてもきっと相手は怒らないだろう、許してくれるだろうという軽くて甘い考えです。

日頃から他人を甘く見ていることも多いので、ドタキャン以外にも軽くて甘い考えは目立っているはず。

こういった心理の持ち主はとにかく真剣に話をしなければ伝わらないので、ハッキリと迷惑であること、不愉快だということを伝えるようにしましょう。

それでも伝わらない場合には、今後も変わらず振り回されることになるので、付き合い方を考え直すようにする必要があるのです。

 

ドタキャンに対して迷惑という考えがない

ドタキャンの心理には、ドタキャンに対して迷惑だと思っていないというものもあります。迷惑ではない、悪いことではないと思っているからドタキャンをしてしまうのでしょう。

根本的に価値観が違うので、遠回しにドタキャンを注意するくらいでは本人に伝わりません。

この場合、価値観が違うため、ハッキリと迷惑であることを伝えましょう。しかし、価値観が違うために反論される可能性もあるので、もしドタキャンを直してくれないようであれば、お互いのためにも距離を置いたほうが良いでしょう。

 

気を引きたいと思っている

ドタキャンの心理には、気を引きたいという心理が込められていることもあります。ドタキャンをすれば、当然ドタキャンをした相手のことが気になりますよね。

心配になることもあれば、苛立つこともあるでしょう。そんな気にかけてくれるという状態が、相手にとっては心地よく、また気にかけてもらうためにドタキャンをしてしまうのです。

この心理の持ち主は、人との付き合い方が下手な人がほとんどなので、しっかりと迷惑だと伝えてあげるのが良いでしょう。

気を引きたくてやっているだけなので、迷惑だと伝えれば反省して、他の方法でコミュニケーションを取ろうとしてきます。

また、寂しいと感じている人も多いので、たくさん話したり連絡を取り合ったりすると、次第に気を引くような行動もなくなってくるはずです。

 

まとめ

ドタキャンの心理を5つ紹介してきました。ドタキャンの心理はいくつかありますが、その人の性格や価値観によってドタキャンの心理は変わります。

そのため、もしドタキャンをどうにかしたいと思うのであれば、相手の性格や価値観に注目してみると、自然とドタキャンの心理や改善点が見えてくる場合が多いでしょう。

ドタキャンをやめさせたい場合には、どんな心理の持ち主でもドタキャンは困ると伝えることが大切です。

しかし、それでも改善されない、または冗談として受け取っているようであれば今後付き合っていくとトラブルに発展する可能性もありますので、今後の付き合い方について更に真剣に考え直したほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です