遠くから目が合う心理を使って告白するステップ

遠くから目が合う心理、これはきっと脈ありなんだろうと思い告白をしたら失敗…。そんな展開にならないように、遠くから目が合う心理を理解して、相手が自分にどのような気持ちを抱いているのか判断をしましょう。

好きな人のことは、近くでも遠くでもじっと見つめていたいもの。相手も自分を意識してくれたら、これは恋愛のスタートになる可能性があるといえますよね。

しかし場合によっては、恋愛とはまったく関係ない気持で遠くから目が合う心理もあります。告白するまでのステップに至るには、慎重に判断をしましょう。

では、遠くから目が合う心理を使い告白する方法についてご紹介していきますね。

 

遠くから目が合う人は自分をどう思っている?

遠くから目が合う心理は、恋愛感情が必ずあるとは限りません。どんな場面で目が合うのか、次のような場面があることを知っておきましょう。

 

気になる存在

人は気になるものに興味を示して、つい視線を送ってしまうことがあります。はっきり好きだと自覚していない人の存在は、どんな性格なのか人間性を知りたい願望があり、つい普段の行動を観察する心理があります。

男性の場合は動物的な狩猟本能で女性を見ることもあり、気になる人に対しては遠くから目が合う心理につながることもあるでしょう。

 

好きな人

遠くから目が合う心理は、特別な感情がある人だから。なにげなく遠くを見ると自分の視線を必ず捉える人の存在、一度だけでなく何度も目が合ってしまうともしかしたら、と期待してしまうでしょう。視線に込められたメッセージは言葉でアピールできないことがあり、恋愛がスタートする大切なきっかけになることもあります。

 

目立つ存在

目立つ存在の人は、周囲から視線を集めやすいですよね。大きな声を出す人や人とは違う行動をとる、派手なファッションをする人など。目立つのでつい見てしまうというタイプがいます。

この場合は特定の人だけではなく色々な人と視線が合い、じっと不思議な表情で見られる場合もあるでしょう。

目立つ本人は自分が注目されることで、とても人気があると勘違いしてしまうかもしれません。

 

恋愛感情があるかどうか調べるコツ

遠くから目が合う心理は、気になる人の場合脈ありなのか、まったく違う理由があるのか判断できないこともあります。もしかして私のことを好きだから?嬉しくなるような以下の場合があります。

 

視線が合うとにこっとする

恋愛感情がある人とは視線が合うととても嬉しくて、気持ちを相手に知ってもらいため笑顔で反応してくることがあります。

話をしたことがない人とは、できるだけ壁を取り除き仲良くなりたいもの。視線が合うたびに、にこっとしてくれる人は好感を抱いていることに間違いはないでしょう。

 

不意をついてチェックする

いつも自分を見てくる人、気になる存在だけど恋愛感情を持っているかどうかわからない時。本人に直接質問をすることはできませんから、こんな場合は不意を突いてチェックしてみましょう。

例えば遠くから目が合う心理を使い、少し離れたところに立ってなにか作業をしてみてください。

瞬間的にしゃがんだり、壁に隠れてそっと相手の視線をキャッチ。もし自分のことを目で追っている仕草があれば、気になる存在として観察している可能性があります。

 

何度も目が合う

恋愛感情がある人とは一度だけでなく何度も目が合います。たとえば髪型を変えた日、好きな人はきっとじっくり見たいので、遠くから熱い視線を送っているでしょう。

朝の表情、帰りの表情など一日を通して観察しているので目が合う回数は何度もあります。二人の視線がたびたび重なるときは、相手が自分に好意を抱いていると判断して良いでしょう。

 

恥ずかしそうに視線をそらす

好きな人と目が合ったとき、恥ずかしくてすぐに視線をそらすことがありませんか。見ていたことがバレてしまうと、気持ちを見透かされたようでドキドキしてしまいます。

だからこそ距離を置いて、遠くから目が合う心理につながるのでしょう。好きな人が目の前に立っているのに目を合わせられない、しかし遠くからは何度も目が合うという人は脈ありの可能性が高いのです。

 

告白するまでのステップについて

遠くから目が合う人、こんな関係をいかして次のステップにシフトするためのコツを見ていきたいと思います。

 

見つめ合う時間を長くしよう

もしかしたら両想いかもしれないと思える人とは、慌てずに確信が持てるまで慎重に行動にしてください。視線が合うからと言って、必ずしも恋愛感情があるとは限りません。ただの誤解だった…という展開になったらとても恥ずかしいですよね。

そこで視線が合う時は、すぐに目をそらさないで徐々に時間を長くしてください。一瞬から次は3秒間、そして5秒間へと。視線が重なる関係から見つめ合う間柄になれば、次のステップに移るのは自分次第です。

 

さりげなく話しかけよう

脈ありかもしれないと思える人には、さりげなく話しかけてください。要件があるフリをしたり、好きな人の目の前で何かわざと落として拾ってもらったりするなど。相手の反応でさらに気持ちを確かめるには、近距離でのアプローチが必要になります。

もし二人きりになるチャンスがなければ、グループのなかでその人の目を見つめながら話をするのも良いでしょう。

最初の一言はとても勇気がいりますが、告白するには一歩を踏み出す必要があるのです。

 

連絡先を教えてもらう

視線が合う人と話ができるようになったら、次は個人的に距離感を縮めていきましょう。お互いの共通点を見つけ出して、二人で食事に行くなど次の計画を立てることにフォーカスしてください。

「LINEしてもいいですか」と聞き、相手が迷惑そうな顔をしたらちょっと考え直すことも必要かもしれません。気が合いそうなノリでどんどん仲良くなれれば、告白するチャンスもすぐにやってくるでしょう。

 

まとめ

遠くから目が合う心理を理解して、どのような時にどんな目つきで合うのか、そして相手の反応を見ながら恋愛関係になるか判断してください。

いつでも恋のアンテナを張っておくと、自分に興味を持ってくれる異性の存在がわかるかもしれません。告白するまでは客観的な判断も考慮しながら、次のアクションを起こしてくださいね。

 

☆こちらの記事も関連しています!
>>>見つめ合う心理を活用して好きな男性にアプローチしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です