別れを辛いと感じた時にしてほしいこと

別れを辛い…と思った時には、ここから先にどう進めばいいのか分からなくなるもの。でもできれば前に進みたいという思いはありますよね。

別れが辛いと感じた時にしてほしいことについてお伝えしていきますので、自分のペースを大切にしながら歩んでみてください。

 

自分の好きなものを取り入れる

好きなものが多いほど、気持ちが満たされる場合があります。別れに対して喪失感がある人は多いですから、こういう時期には好きなものをどんどん自分の中に取り入れてみましょう。

例えば自分の好きな香りに包まれる時間も癒されます。カモミールティーを飲んでくつろぐような時間もいいですね。

好きな音楽を聴きながら、今辛いと思う自分をケアしてあげましょう。自分を一番傷つけるのも癒せるのも、本当は自分なのです。そのため、自分を癒してあげようと思う気持ちを大切にすれば、別れの辛さはかなり軽減できるでしょう。

 

相手への気持ちについて考えてみる

別れと向き合うのは勇気が要ります。でも相手への気持ちに対して考えることなら、できる場合がありますよね。相手に対して今も気持ちが残っているのかどうかは、これから先の行動に大きく関係してきます。

愛情がまだ残っていると確信をするのなら、復縁に向けて歩む方法もあると言えるでしょう。でも相手ともうやり直す気持ちもなければ、愛情もないと感じるのなら相手についてこれ以上考えないようにするために、自分の気持ちに整理をつけましょう。

相手の連絡先を消したり、プレゼントを処分したりするのも気持ちに整理をつけるために効果があります。自分の日常から相手の存在をできるだけなくすことで、早く忘れられる場合は多いのです。

 

喧嘩をした場合

喧嘩をして別れてしまったのなら、本当にこれでいいのかを考えてみましょう。今は相手に対して冷静な気持ちが持てずに、別れたい思いが強かったため別れてしまったのかもしれません。

でも自分にも非があったのではと思うのなら、相手に対して謝ることだけはしておきたいですね。別れてすぐに謝るのは難しいと思うのなら、少し時間を置いてみましょう。例えば1週間くらいした時に、謝るメッセージをLINEで送ったり電話をして謝ったりしてみると、相手からも謝ってくる場合があります。

少し時間を置いてみると、お互いに冷静になれるので本当に大切なものが何か分かってくるケースもあるでしょう。

喧嘩をした時には、譲れない思いがあったかもしれません。でも少し時間が経つと「私も悪かったかもしれない」という気持ちが出てくることが多いのです。

もしこう思ったのなら、喧嘩別れのままにしておかないで謝ってさえおけば、復縁できる可能性もあります。もし復縁できなくても「あの時に謝っておけばよかった」と後悔をしなくて済むでしょう。

後悔をした時には、もう時間が経ちすぎている場合もありますので、早い段階で謝るというもひとつの方法です。

 

恋愛から離れてみる

しばらくは恋愛から離れてみると、違う自分が見えてきます。恋愛に夢中の時には恋愛しか見えなくなってしまうもの。恋愛中心の生活をしてきた場合もあるでしょう。

恋愛から離れてみるなんて、恋愛をしている時には考えもしない人でも、別れがあった時には、恋愛から離れてみようかな…と思えてくるのです。

この機会に一度恋愛以外に、自分が今まで目に入らなかったことについて考えてみるようにしてみましょう。友達とのやりとりがつい疎かになってしまうような場合もありますよね。

家族と接してみるのも良いでしょう。自分には色々なつながりがあると分かると、安心感を取り戻せるのです。

恋愛をメインにしていると、見失いがちのものが色々とありますので、この機会に自分の周りの人たちのことを思い出して、大切にしていくようにしてみましょう。

 

新しいことを始める

趣味を持っている人は、こういう時には趣味に打ち込む方法がありますよね。でも趣味を特に持っていない場合は、別れた事実ばかりを考えてしまうでしょう。

そのため、新しいことを始めてみるようにすると、新しい世界に入ろうとするエネルギーが出てくるのです。楽器を始めるのもいいですが、スポーツを始めるのもいいですね。

自分がインドア派だから、インドア系の趣味と決めつけずにスポーツクラブに行ってみたり、ウォーキングから始めてみたりするのも良いでしょう。

自分の中にこんなにパワーがあったんだ!と気が付けるのです。自分の知らない新しい自分を発見するのは、とても楽しいもの。

別れがなければ出来なかったと後からでも思えるはずですから、新しい何かを始めてみるのをお勧めします。

 

まとめ

別れが辛いと、何も見えなくて苦しんでしまう人も。でもこの経験はこれから先に必ず自分の糧になるのです。

そして、経験はとても強い味方になってくれるでしょう。別れを辛いと感じた時には、辛さをバネにできる自分になれるまで、少し自分自身を休めてあげるのも必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です