別れを受け入れられない…と思った時にしたい行動

別れを受け入れられない…と思った時には、とても辛くて何もする気持ちが起きないものです。でも、こういう時だからこそ、してほしい行動があります。

それはどのようなものなのかについて、お伝えしていきますので一緒に見ていきましょう。

 

友達と話してみる

信頼できる友達と話す時間を持ってみましょう。誰とも話したくない…と思うかもしれませんが、信頼できる友達と話すと自分は一人ではないと分かり、安心感を持てるのです。

そして話しているうちに、別れを自分の中で受け入れやすくなるでしょう。一人でいると別れを受け入れるのが辛くて、どうしたらいいのか分からなくなるもの。

でも友達と話していると、泣きたくても泣けなかった女性でも涙を流すことが出来るはずです。本当はここで泣いてスッキリしたいと思っていても、辛すぎると涙が出ない場合もありますからね。

こういう時に、友達と話していると気持ちを受け止めてくれるので、素直に泣けるのです。ここで涙を流せたら、また明日へと向かえるでしょう。

 

散歩をしてみる

元気があれば運動をしたいところですが、そこまではちょっと…という時にはゆっくり歩いてみましょう。

夕暮れ時や夜に歩くと寂しい気持ちになりやすいので、できればお天気の良い昼間に歩くといいでしょう。

公園など緑のある場所がお勧めです。緑を見て心を癒すことが出来るでしょう。ゆっくり散歩をしていると、色々なものが見えてきます。

今までは、恋愛しか見えていなかった自分に気が付く場合も。もっと世の中には色々なものがあるんだ…と思うと、自分に対して多くの可能性を感じるかもしれません。

実際に自分にはたくさんの可能性があります。この可能性は、自分では気が付かない場合が多いのです。でも、ふとした時に自分の可能性について気が付けるので、別れの辛さよりも前を向くことが出来るようになるでしょう。

 

好きな曲を聴く

好きなアーティストがいる場合には、ゆっくりと音楽に浸るようにしてみましょう。失恋ソングを聴くのが辛いと思う人もいれば、こういう時には失恋ソングを…と思う女性もいるでしょう。

自分にとって好きな曲を聴くと、穏やかな気持ちになれるのです。音楽は心を癒してくれたりパワーをくれたりするもの。

もしも好きなアーティストがいなくても、好きな曲がある場合は多いですよね。この曲を続けて聴いてみるのも良いでしょう。

自分にとってこれを好きだと思う曲があれば、こういう時にも必ず強い味方になってくれるはずです。ヒーリングミュージックを聴くことで、心が落ち着く場合もあります。

自分が今どんな音楽を求めているのか、心の声を聞いてみましょう。心の声の通りに音楽を選んでみると、きっと別れの辛さを受け入れられる自分へと導かれるはずです。

 

相手の良いところと悪いところを思い出してみる

別れを受け入れられないのは、相手の良いところが強く心に残っているからです。こういう時には、相手の良い面も悪い面も思い出すようにしてみましょう。

考えてみると、悪い面も案外多い…と思うかもしれません。自分はどこを好きになったんだろう?と客観視してみるのもいいですね。

これが出来た時には、かなり心が落ち着いているはずです。良い面ばかりを思い出していると、とても大切な人を失ったような気持ちになるもの。

でも、悪い面についても考えてみると、そうでもないのかもしれない、もっと素敵な人がいるかも…と思えてくるでしょう。

いろいろな角度から相手を考えてみると、様々な側面が浮き彫りになります。違う角度から別れについて見つめることが出来るのも新たなスタートともいえます。

 

新しい出会いの場所に行ってみる

出会いの場所にすぐには行く気持ちにはなれないかもしれません。でも、友達に相談をして、スケジュールを組んでみましょう。

少し先のスケジュールに新しい出会いの日を入れるだけでも、未来が輝いてくるものです。合コンや街コン、そして友達の紹介など。出会いの場はたくさんありますよね。

社会人サークルも、男性は社会人でなければ参加できなくても女性は無職でもOKの場合もありますので、出会いの場所として便利でしょう。

かなり安い費用で登録ができますので、負担を感じずに新しい出会いの場として活用できます。

 

まとめ

別れを受け入れられない時には、無理に受け入れようとせずに他のことに目を向けるようにするといいですね。

自分にとって、別れがとても辛いものなのに無理に受け入れようとするのは酷な場合があります。とにかく別れをちゃんと受け入れないと…と思えば思うほど、自分を苦しめるようになりますので、無理をしないようにしましょう。

自然に相手を思い出にできる時が来ますので、その日のために自分をケアしてあげるようにすると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です