花火大会に女性を誘いたい!と思う男性心理について

花火大会には、大きなものもあればグループ皆で楽しもうと思うものもありますよね。でもこういう時に、好きな女性を誘いたいと思う男性は多いのです。

今回は、この心理についてどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

 

夏を満喫したい

花火を見ることで、夏を満喫できる!と思うので、花火大会に好きな女性と行きたい男性も。花火を見ると夏を感じられるので、この思いを共有したいのです。

 

花火を見ている女性の表情が見たい

綺麗なものを見ている女性の表情が見たいので、花火大会に誘う男性心理もあります。綺麗だねーと2人で並んで笑顔で言えると、幸せを感じる場合も。

夏だからこそ見られる、夏でなければ見られないと思うので、とても貴重な時間のように思うのでしょう。

一緒に並んで夜空を見上げている場面は、想像するだけでもロマンチック。男性にもロマンチストは多いですから、この機会にロマンチックな夏を過ごしたいと思う気持も強いはずです。

 

女性の浴衣姿が見たい

男性は、好きな女性の浴衣姿を見たい思いがあります。このため、花火大会に誘ったのに浴衣姿ではないと、少し残念に思う気持ちも。

もし花火大会に誘われて、相手の男性に好意を持っているのなら浴衣姿で待ち合わせに向かいましょう。

ただ、思ったよりも歩かなければいけない場合もあるので、足元には気を付ける必要があります。

草履は、痛くならないように慣れたものや柔らかい素材のものを選ぶようにしたいですね。浴衣はもともと歩きにくいものですが、着ることにより夏らしさを感じられるのです。

そして、男性が浴衣姿を見てドキドキする姿を想像すると、思い切って着てみようかな…とチャレンジ精神が出てきますよね。

 

自分の浴衣姿を見せたい

男性でも浴衣を着たいと思う人はいますよね。自分で浴衣が似合うので、花火大会は浴衣で…と考えている男性も。

でももし女性はワンピーススタイルなのに、男性だけ浴衣ということになると少しバランスが悪くなる可能性も。

もし花火大会の前に話せる機会があるのなら、お互いどのようなスタイルで行くのかを決めておくようにしましょう。

こうすれば、当日になって「しまった!」と思わなくて済むのです。せっかくの花火大会が、お互いの着ているものにより、楽しいものではなくなってしまうのは、とてももったいないですよね。

 

手をつなげるチャンス

花火大会は人が多い場合も。このため、手をつなげるチャンス!と思っている男性もいるでしょう。どのような時に、手をつなごうと男性は考えるのでしょうか。

 

はぐれそうな時

人混みではぐれそうな時に、さっと女性の手をつなぐ男性も。男らしくて女性は嬉しい気持ちになりますよね。

大切にしてくれて、守られているように感じる場合も。もしくは「はぐれそうだから、手をつなごう」と言ってから、手をつなぐ男性もいます。

こういう男性に対しても、女性は安心感を持つもの。強引な男性もいいけれど、誠実な人も素敵だと思うのが女性の心理ですよね。

はぐれそうという理由で、男性から手をつないでくるのは女性としても想像しやすいこと。このため、花火大会に誘う時に「今日は手をつなぐ」という目標を持っている男性もいると把握しておきましょう。

 

女性が転びそうになった時

慣れない草履で、女性が少しフラッとなった時に男性が女性の手を握り助けてくれる場面も。

女性としても、慣れない草履で歩きにくくて不安に思っていた時なので、ここで手を貸してくれるのは、とても嬉しいですよね。

男性に対して「ちょっと手をつないでほしい」と言える女性ならいいのですが、まだ相手のことをあまり知らない場合は、言っていいのかどうかタイミングにも迷うもの。

このため、女性が転びそうになった時に男性が手をつないでくれると、ホッとするのです。女性のことをよく見ていてくれて、頼もしい相手だと女性としては思うでしょう。

男性も、この瞬間を待っていたと思い、手をつなぐ場合もあります。手をつなぐだけではなくて、肩を抱いて女性を支えるような場面もあるかもしれませんね。

 

周りが手をつないでいるのを見た時

周りのカップルのほとんどが手をつないで楽しく笑顔でいると、自分も手をつなぎたいと男性は思うのです。

でもきっかけがないので、悩んでいる時に歩いていてたまたま手が触れるような場面もありますよね。

この時に、ギュっと手をつないでくる男性もいます。かなり勇気を出しているので、女性はできれば受け入れてあげるようにしたいですね。

女性から手をつなぎたいと思った時には、思い切って男性に伝えるようにすると、男性は照れながらも、そっと手を握ってくれるはずです。女性から手をそっとつなぐのもいいですね。

 

夏の思い出を作りたい

夏の思い出として、花火大会は最適です。地域で行われている花火大会だけではなくても、グループで集まって花火大会をするのも楽しいもの。

特に海岸が近くにあるような地域なら、花火大会をしよう!と皆で計画をして、夏の思い出を作りたくなるのです。

 

忘れられない思い出が欲しい

好きな女性がいるのなら、夏には特別な思い出が欲しいと思うもの。でも告白もできずにただ夏が過ぎていくのは、とてももったいないですよね。

こういう時に、花火大会に誘えば告白のチャンスが訪れるかもしれません。そっと耳元で「好きだよ」と囁くような告白の仕方も良いですね。

自分の中で、夏の思い出を作りたいと考えるので、これには花火大会がいい!と思う男性心理があるのです。

 

少年の心があるから

男性の中には、大人になっても少年の心があります。綺麗な花火を見て楽しい時間を過ごしたいと思うので、花火大会に好きな女性を誘う人も。

実際に少年の心が満たされるような瞬間を感じて、とても幸せな気持ちになるのでしょう。でもこれは、誰と見てもいいわけではなくて、好きな女性がいるのならやはり大切な人と見たいと思う気持ちがあるのです。

 

まとめ

花火大会に女性を誘いたいと思う男性の心理は、純粋なものが多いです。分かりやすい心理と考えて、興味のある男性からの誘いならOKしてみましょう。

あまり深刻に考えずに、自分も夏を楽しもう!と思い花火を見て感動できる夏にしたいですね。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>夏休みのデートはどこに行く?お勧め旅行アイデア5選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です