花言葉で憧れをアピールできる花とは?好きな人に贈るために知っておこう

花言葉で憧れを大切な人に伝えたい。そんな時はどの花が一番合っているのか、選び始めるとなかなか決まらないことも。

花にはそれぞれ花言葉があり、メッセージ替わりにプレゼントすることができますが、大事な時に違う花言葉を選んでしまったら、相手が嫌な思いをするかもしれません。

憧れている人に言葉で言えない気持ちを伝えたい。そんな場合には花言葉で憧れを意味する種類を選びましょう。

 

サクラソウ

優しいピンク色のカラーが癒し効果が抜群で、もらった人もなんとなくホッとするような気持になるサクラソウ。どのような意味があるのか詳しく見ていきましょう。

 

名前の由来

サクラソウは花の形が桜に似ていることでサクラソウという名前が付いたといわれています。長崎オランダ商館の医官とドイツ人の博物学者のシーボルトの名前にちなみ、学名の「プリムラ・シーボルディ」という名前もついています。

可愛い花びらはハート形で女性にも好まれていますが、ひとつひとつが分離した花びらではなくて、つながっている合弁花であることが特徴です。清楚なお花というイメージがありますので、素敵な女性へのプレゼントやさわやかな男性に贈るのもよいでしょう。

 

花言葉

サクラソウの花言葉は憧れ、純潔、初恋。旬の季節は春で4~5月が開花時期になっています。桜の見どころが終わったころに花を咲かせはじめるので、サクラとサクラソウがあれば、しばらくは素敵なお花に囲まれることになります。

サクラソウ全般の花言葉には「青春のはじまりと悲しみ」という意味があり、若い時の恋の色々な思い出のなかにも、色濃く残るお花かもしれません。春の移動の季節、離ればなれになる憧れの人に贈りたい花と言えるでしょう。

 

色の種類が多いサクラソウは憧れの女性にオススメ

素敵な先輩、大好きなお母さんなど。自分にとって憧れの女性は周囲に必ずいますよね。あの人のようになりたいと思うお手本の人には、自分の気持ちを込めて花言葉で憧れの気持ちを贈ってみませんか。

サクラソウはピンクや白、紫、赤など様々な色があり女性好みの可愛いらしい印象を与えてくれます。ハートの形は異性にも贈りたいポイントになりますが、清楚で憧れる女性にも贈り物にしたい花でしょう。

 

ワイヤープランツ

小さな葉っぱがたくさんつく観葉植物のワイヤープランツ。鉢植え、ハンギングプランターでインテリアとして飾っている人も多い人気の品種です。ワイヤープランツにはどのような意味があるのかみていきましょう。

 

風水的にもオススメ

ワイヤープランツは風水的にみると、健康運がアップする植物なので、憧れの人にいつまでも元気に過ごしてほしい時にぴったりの贈りものになるでしょう。

健康は普段からの積み重ね、観葉植物は室内の気の流れを循環させて、プラスエネルギーを集めるといわれています。

寝室やリビングルームに、ワイヤープランツを置くと運気がアップするので、風水的にも贈り物としてオススメです。大切な人の健康は、自分の体のように心配になりますので、いつまでも元気で頑張ってほしいと願いたいですね。

 

ワイヤープランツの特徴

ワイヤープランツは小さな葉っぱをつける観葉植物で可愛いらしいイメージがありますので、女性へのプレゼントとして良いでしょう。観葉植物なのでお手入れが簡単で男性の一人暮らしでも大丈夫です。

ワイヤープランツはコンパクトサイズで、このまま単体でもインテリアとして楽しめますし、寄せ植えで豪華にアレンジすることもできます。

憧れの男性の誕生日やバレンタインデーなどに、贈り物と一緒にワイヤープランツをプラスしてみませんか。

 

花言葉

ワイヤープランツの花言葉の「憧れ」、いつも頑張って仕事をしている人、思いやりのある友達など、いつもそばにいるのが当たり前でもふと考えると自分にとってかけがえのない存在の人がいますよね。

ワイヤープランツは20種類ほど種類がありますので、どんな人に贈るかイメージと照らし合わせて選ぶのも楽しいでしょう。

憧れる人に少しでも近づきたいと思う気持ちは、毎日の生活のモチベーションにつながります。自分が頑張れるのはそんなゴールの存在があるから。感謝の気持ちを込めて、花言葉で憧れの思いを贈ってみましょう。

 

ヒマワリ

照り付ける太陽の下で元気に咲くヒマワリ。夏の象徴の花は、暑さにも負けない強いエネルギーを私たちに与えてくれます。ヒマワリにはどんな意味があるのか、ご説明していきましょう。

 

花言葉 

全般の花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめる」という意味があるヒマワリですが、色によってちょっと違う花言葉が存在します。

たとえば白のヒマワリは「ほど良き恋愛」、紫のヒマワリは「悲哀」、小輪のヒマワリは「高貴」「愛慕」、大輪のヒマワリは「偽りの愛」「にせ金持ち」という意味があるのです。

 

元気をくれる花 

ヒマワリはポジティブな花として有名です。太陽に向かって背筋をピンと伸ばして育つ姿は、夏だけではなく一年中元気の源として見ていたいですよね。

花言葉の憧れはいつもはつらつとした人への贈りものとしてぴったりで、いつも元気なのでたまにはゆっくりしてくださいという、ねぎらいの気持ちも伝わるでしょう。

ヒマワリは北アメリカが原産のキク科の花。7~9月に咲き、太陽の動きを追うように花の向きが変わります。どんなに暑くても太陽のエネルギーをしっかり吸収したい、そんなヒマワリの姿は、強い意志を持った憧れの人を思い出しますね。

 

ヒマワリの種はエサにもなる 

ヒマワリを見ているだけで、疲れが吹き飛んでしまうほどの力を感じますよね。夏に鑑賞する花としてだけでなく、ヒマワリの種は栄養価がとても高いと言われています。

ハムスターが喜んで食べる餌のヒマワリ。可愛い姿や元気に育つハムスターを見ていると、ヒマワリにはやはりとても強いパワーがあると感じますよね。

 

まとめ

花言葉で憧れをアピールしたい時、いろいろとオススメの花がありますが、どれを選択するかは贈る人の雰囲気をイメージすると良いでしょう。

花を渡したときの笑顔、嬉しそうに喜んでくれる憧れの人の姿、恋人や仲間などあらゆる場面でやる気をくれる大切な存在ですね。

☆この記事に関連するオススメのこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です