元彼の誕生日に女性として思う5つのこと

元彼の誕生日に対して、女性はどのような思いを持つのでしょうか。その日になった時に急にドキドキしてしまう場合も。

では、元彼の誕生日に女性が思う気持ちについて一緒に見ていきましょう。

 

連絡をしてみたい

元彼の誕生日に、なんとなく連絡をしたくなる心理もあります。相手と復縁をしたい思いもあれば、ただ「誕生日おめでとう!」とメッセージを送りたいだけの場合もありますよね。

でも、とにかく自分が元彼の誕生日を覚えているのを、元彼に知ってほしい気持ちがあるのです。覚えていてくれたんだ…と思ってほしいのが女性心理。もしも嫌な別れ方をしたとしても、「私はちゃんとあなたを好きだったのよ」と伝えたいもの。

これを知ってもらうことで、あの時の気持ちは本物だったと元彼に分かってほしいのです。この女性心理を理解出来ない男性もいますので、この場合は「なぜ連絡をしてきたんだろう…」と色々と想像をして、悩んでしまう気持ちもあるかもしれません。

 

一緒に過ごしたい

出来れば、一緒に過ごしたいという思いを持つ女性もいるでしょう。もう恋人ではなくてもいいから、ただ、一緒に相手の誕生日を過ごしたいと思うのは、人として相手を好きな思いがあるから。

相手を好きなの?と聞かれたら、はっきりとは答えられないかもしれません。それでも誕生日を一緒に過ごして、楽しい時間を持ちたい思いがあるのです。

例えば一人で過ごしているのなら可哀想だな…という同情の気持ちもあるでしょう。もし相手を今も憎む気持ちがあれば、同情はしないかもしれません。

でも、相手をまだ大切だと思う場合には、楽しい誕生日にしてあげたい思いがあるものです。

 

彼女について考える

今、元彼には彼女がいるのかな…と元彼の誕生日に考える女性もいます。元彼に彼女ができたかどうかは、普段は考えないとしても誕生日は別でしょう。

今日は誕生日だから、彼女がいるとしたら彼女と過ごすんだろうな…と想像をして、少し切なくなったりする気持ちも。

でも、彼女がいないとしたら、どんな誕生日を過ごすのかなと考えて、連絡だけでもしてみようかなと思うのです。

ただ、事前に、彼女がいる事実を知っている場合もありますよね。彼女がいると知っていたら、彼女と幸せに過ごしてね!と心から思えるかもしれません。自分の役目はもう終わったと割り切れる女性もいるのです。

 

誕生日をそっと心で祝う

心の中で「おめでとう…」とつぶやくような、謙虚な女性もいるでしょう。自分の心が伝わればいいのに…と思いながら、元彼に向かってお祝いの言葉をつぶやくケースも。

これにより、自分の中で「私もこれからも頑張っていこう!」とモチベーションアップできる可能性もあります。

元彼の誕生日に辛くて仕方がないのではなくて、相手に対して笑顔でおめでとうと言える自分。これを感じたとしたら、もう自分は前を向いていると感じるので、とても嬉しくなるのです。

ここでもしも辛くて落ち込んでしまったとしたら、未練がかなりあることになるでしょう。こんなに未練が多いなんて…と思い、更に暗くなってしまうのです。

誕生日をお祝いできる心を持つ自分なら、ポジティブになれるでしょう。こういう自分になったことを、本当に良かったと思うはずです。

 

友達と楽しく過ごす

元彼の誕生日と思うと、一人でいたくない気持ちになる場合も。このため一人で過ごすのが辛いと感じる気持ちもあるでしょう。

友達と楽しく過ごして今日が元彼の誕生日だと、忘れたい心理もあるのです。友達と過ごしてお酒を飲んで楽しめれば、元彼の誕生日についてほとんど思い出さないでしょう。

少しでもこういう時間を持ちたいと思うため、そして一人になると連絡をしたくなってしまうため、心をセーブしたい思いがあるのです。

一人でいるのが耐えられない…と思うため、友達と楽しく騒いで過ごしたい女性もいるでしょう。

友達から誘いがあると、ちょうどいい!と思い、喜んで会う場合も。もしも誘われないとしたら、自分から友達に連絡をするかもしれません。

もし友達と連絡が取れない時には、わざと残業をして仕事に没頭をすることで、元彼の誕生日を仕事漬けにして忘れてしまおうとする女性もいるでしょう。

なんとなくそわそわしてしまう自分を感じると、吹っ切りたくて友達と騒いだり仕事に没頭したりするのです。そして一日が終わるとホッとする自分がいるでしょう。

 

まとめ

元彼の誕生日は復縁には最適な日とも言われています。このため、連絡をすれば復縁に結びつくケースもあるでしょう。

でも、相手に対して、愛情を持っているのか分からない場合には連絡が出来ないかもしれません。もしも元彼への思いがあるのなら、おめでとうとメッセージだけでもしてみましょう。相手の反応によっては、会う約束をする可能性も。

ここから復縁につながるケースもありますので、ちょうど良い日だと思い元彼との復縁について、この日に真剣に考えてみてもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です