子供嫌いの心理を理解して好きになるためには

子供嫌いの人の心理は理解できない人も多いと思いますが、子供の扱いは慣れた人ではないとできない場面は色々ありますよね。

独身者や子供がいない人だけに限らず、自分の子供がいるにも関わらず子供嫌いになる心理があります。小さな子供たちが遊んでいる姿を見ると、とてもほのぼのとして癒されるもの。

しかし世の中には、子供の可愛い面が納得できない人も少なくありません。では子供嫌いの心理にはどのようなことが隠されているのでしょうか。

長い人生の間、自分が年を重ねるごとに子供と接する場面が増えてきます。嫌いだからといって避けては通れないこともありますので、子供嫌いの心理については具体的に理解しておきたいですね。

 

子供がいない場合の子供嫌いの心理

子供がいない人は、いきなり部屋のなかで小さな子供と2人きりされたら、どうやって相手をしていいのかわかりません。そんな人達の心理についてみていきましょう。

経験がないので不安 

知らないことをいきなりやれといわれても、無理なのは理解できますよね。子供嫌いの心理には、未経験者にありがちな子供の扱いが分からなくて困惑する要因があります。

世の中を見ると保育園や幼稚園などで働く大人は、育児経験がない独身女性も多く存在しますので、子供がいないから嫌いということにはなりません。もっと子供との触れ合いを多くして徐々に慣れていくと良いでしょう。

 

気を使うので疲れる

子供嫌いの心理には、自分勝手な面が多少隠れている場合があります。世の中ではなにかと子供が優先されて、多少のことなら「子供なんだから仕方がない」と理解しないといけない場面があります。

そのため子供には大人は意外と気を使い、優先的に扱ってあげないといけない風潮もありますので、相手にするのを疲れると感じる人もいるでしょう。

自分が先と思っている人には、子供は面倒な存在に見えるのかもしれません。

 

話が合わない

基本的に子供との関りを持たなければ、相手のことをわからないままです。子供にはどんな話をしたらいいのか、どうやって盛り上げるのか、知らないとつい大人を相手にするように接してしまうもの。

無理に子供に合わせて話題を選ぶのは、慣れた人でないと難しい点は色々ありますが、常に楽しそうに子と接しないといけないプレッシャーはストレスになる時もあるのでしょう。

 

子供目線になれない

子供が傷つくような言葉を言い、本気で小さな子供に対してカッとなる人もいるでしょう。このような子供嫌いの心理に隠れているのは、子供目線になっていないため。

子供の好きなことや思考回路、発想などをわかっていないと大人と比較しても無理なのです。子供とうまく接したい場合には、子供社会を少し勉強したほうがいいかもしれません。

 

育児経験がある場合の子供嫌いの心理

育児をしているけれど、自分の子供以外は苦手という人も存在します。子供嫌いなら子供を産めば好きになるのでは?というの、必ずしも効果的な方法ではないのです。

 

世話が面倒に感じる

育児経験があるにも関わらず子供嫌いな心理は、育児という大変な経験をしているため、子供に対して良いイメージを持っていない可能性があります。

夜泣き、部屋を散らかす、ご飯を残す、親の言うことを聞かないなど。子供を育てるのは大変ですよね。

そんな育児生活を知っていると、自分の子供以外を見た時にネガティブな印象しかなくて、つい距離を置きたくなるのでしょう。

 

自分のやりたいことが制限される

育児をしている間はすべてが子供中心の生活になります。頭ではわかっていても実際に子育てをすると、こんなにも大変なのか…とショックを受けるでしょう。

育児経験者にとって、子供の存在は自分の自由を奪う悪いものになってしまう場合もあるのです。夫は仕事で深夜帰り、朝から晩まで子供と2人きりの生活はストレスが溜まり、そのはけ口として子供嫌いの心理へつながるケースもあるでしょう。

 

過去のトラウマがある

子供との関りは自分の育児体験以外にも色々あり、友達の子供、親戚の子供など常に周辺には子供の存在があります。

自分の子供なら多少の失敗は許せても、人の子供を泣かせてしまったり不快な気持ちにさせたりする経験があると、それは無意識にトラウマになるのです。

良かれと思ってやったことが、子供に理解されずに苦しんでしまうこともあるでしょう。このような過去の出来事がトラウマになると、育児経験がある人でも自信喪失につながり子供嫌いになってしまうのです

 

子供を好きになるコツとは

嫌いなものは嫌いと避けて通れないのが、子供との付き合い。大人だけの社会で暮らすのはどこに行っても無理でしょう。

そこで子供嫌いを直して、好きになるコツについて見ていきたいと思います。

可愛いと思う部分にフォーカスしよう

子供嫌いの心理があっても、タイプによっては可愛いと思える子供が存在します。大人しくて静か、言うことを聞く子供など。

可愛いと思える点を意識して広い心で接してください。大人も子供と同じで完璧な人はいませんが、相性さえ合えばうまくいくものです。

 

子供が好きなことを覚えておこう

子供嫌いを直すには相手をよく知ることが必要です。子供から大人に歩み寄り関係を修復することはありません。

そのため、大人の知識や経験を生かして子供に好かれるようなことを身に着けておくと良いでしょう。

 

子供から学ぼう

子供嫌いの心理をなくすためには、大人が子供から学べることがたくさんある点を知ってください。

とくに育児は子供を通じて自分が大人として成長する過程のひとつ。大変な生活のなかで感じる喜びや愛情をしっかり受け入れるようにしましょう。

 

まとめ

子供嫌いの心理は本来誰にでもあるかもしれません。でも無理に好きになろうとするよりも子供を見て自然に好きになれるくように、まずは興味を持つことが大切です。

楽しそうに公園で走り回る子供たち。とてもピュアな視線で見つめてくる時には可愛いと感じるかもしれません。自分が子供だった頃を思い出すと、小さな頃の自分の姿と重ねて、大人との間にある高い壁を乗り越えられる場合があるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です