嫌われたい心理には愛情がある?その思いについて知ってみよう

嫌われたい心理について、自分でもどうしていいのか分からない…と悩む時も。嫌われたいとなぜ思うのでしょうか。その気持ちについて深く見ていきましょう。

 

愛情について見えなくなった

自分が相手を好きなのかどうか…その思いが明確ではなくなる時もあるでしょう。思いがはっきりしなくなった時に、嫌われたい心理がはたらくのです。

 

はっきりしない自分が嫌い

はっきりとした気持ちが持てない自分を嫌ってしまう心理も。明確な愛情を持っていた時には、自分に誇りを持っていた女性もいるでしょう。

でも自分の中で曖昧な思いしかない…と感じた時に、自分を許せなくなる思いもあるのです。真面目な女性によくあるパターンとしては、自分の中でちゃんと整理が出来るまで、相手とは距離を置くというもの。

距離を置いて自分の気持ちが明確になれば、なんらかの行動ができると思うので、はっきりするまでは相手とのやりとりをしないでおこうと決める女性います。

 

壁を作ってしまう

相手に対して壁を作ってしまう時もあるでしょう。もともと人との間に壁を作りやすいタイプの場合は、好きなはずの男性に対して壁を作ることも。

でも相手の男性から見ると、壁を女性が勝手に作ってしまうため、何もできない…と諦めてしまうかもしれません。

無理に壁を壊そうとしても、うまくいかないように思えて女性から去ろうとする男性もいるでしょう。

 

相手の愛情を疑う気持ちがある

相手からの愛情について疑ってしまうのは、自分が相手を今まで以上に愛してしまったから。でもこの思いを認めるよりも、相手からの愛情を求める気持ちが出てくるのです。

これを素直に伝えられる女性もいますが、素直になれない女性は多いですよね。相手よりも自分の愛情が多いのでは…と思うと、負けたような気持ちになり悔しさがあるもの。

でもここで意地を張ってしまうと、大切な相手を失う可能性もあるのです。時には素直になり、自分の思いを相手に伝えるようにしたいですね。

 

恋愛が面倒になった

恋愛に対して面倒だな…と思うと、嫌われたくなってしまう心理も。でもこれは一時的なものかもしれませんので、すぐに結論を出さない方が後悔は少ないでしょう。

 

相手の言動を不快に思う

相手の言動をなぜか不快に思うので「私はあの人が嫌いなんだ…」と思う女性もいるでしょう。でもこれは自分の中の思い込みが原因かもしれません。

なんとなくマンネリになっていて、相手に対しての興味が減っているため、相手の言動を不快に思う時もあるでしょう。

いつでも相手を好き!と言えた時とは違って、愛情のカタチや角度が変わってしまうこともあるのです。

このため、相手の言動に対して気に障るケースも。でも心の奥では相手への愛情があるかもしれませんので、急いで別れを決めずに様子を見るようにしましょう。

 

恋愛モードになれない

恋愛モードになっている時には、恋愛中心になり世の中で恋愛一番楽しくて嬉しいものと思うでしょう。でもいつまでもこのモードは続かないのです。

このモードが続くものではないと分かっている女性は、恋愛モードになれなくなったら次の新しい男性を…と思い、今の恋愛をストップさせる場合も。

でもこれを続けていては、恋愛はただのゲームになり自分自身の成長にもつながらないのです。多くの男性と交際をしたら経験が積めると考えるかもしれませんが、一人の男性と長く交際を続けた方が成長できるという考えもありますよね。

恋愛モードになれいと、相手から嫌われるような行動をして、離れてもらおうとする女性も。でも男性の方に想いが残っているのなら、一度じっくり話し合う機会を持つことをお勧めします。

 

恋愛に向かないように思う

恋愛に向かないタイプだと、自分に思ったり相手に対して思ったりする時も。「自分は恋愛には向かない、この人にはもっと合う女性がいるはず…」と思い、自分から身を引こうとする女性の思いもあります。

嫌われようとして、わざと冷たい態度を取ったりきつい言い方をしたり。でも男性としては「こんなに合う女性はいない」と思っているかもしれないですよね。こう考えると、今すぐに答えを出すのは早いでしょう。

男性に対して「この男性は恋愛向きではない…」と思っても、相手の表面しか見ていないのでそう思い込んでいる場合も。

相手の内面についてもよく見てみると、恋愛向きの男性だった!と驚くかもしれませんので、相手をよく理解してから答えを出すようにしましょう。

 

相手を試したい

相手が自分をどう思っているのか…。気持ちを知りたくて試したいから嫌われるような行動をする心理もあるのです。

 

自信を持ちたい

相手から好かれている自信を持ちたくて、嫌われているように見せる女性もいます。好かれている確信が持ちたいのですが、その持ち方が分からない時もあるでしょう。

どちらかというと不器用なタイプの女性に多いのです。どうすれば好かれている自信を持てるのかな…と考えた結果として、嫌われる行動をしてみよう!と思いつくケースも。

でもこれで相手の心が離れてしまう場合もあるので、かなりリスクのある行為でしょう。相手にストレートに聞いた方が、自分の思いを素直に伝えられる可能性が高いのです。

 

他の女性の存在が気になる

他の女性と仲良くしている姿を見て、不安になってしまう女性の心理。「他の女性なんて見ていないよ!〇〇ちゃんだけだよ」と言ってほしくて、わざとそっけなくする女性もいます。

ヤキモチをやいている自分を、恥ずかしくて隠したい思いもあるでしょう。どうすればこちらを見てくれるんだろう…と思い悩みながら、もうどうせなら嫌われたい…とヤケになってしまう思いも。

悩みすぎて疲れてしまうとヤケになる女性もいますが、ヤケになる前に本音を男性に伝える勇気を持ってみましょう。

ヤケになって行動をすると、後に残るのは虚しさだけです。虚しい思いをしないためにも、今の自分の思いを大切にしたいですね。

 

まとめ

嫌われたい心理の中には、複雑な女性心理があります。この心理に気がついてくれる男性もいれば、全然理解できない男性もいるでしょう。

そのため、少しの間は思うように行動をしてみて、男性の反応が悪ければ違う方法で思いを伝える工夫をしてみる必要があります。

ここでの努力を少しすれば、二人の関係が今までよりも良くなる可能性が高いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です