未読無視する心理は何?知っておきたい相手の思い

メッセージをLINEで送った時に未読無視をする心理は、とても気になりますよね。自分が送った内容に問題があったのか、メッセージを開くことが出来ないくらいに忙しいのかなど、様々な原因を考えてしまうでしょう。

あまり親しくない人からの未読無視の心理は気にならなくても、気になる人やいつも返信が早い人からの未読無視は心に刺さるもの。今回は、未読無視をする心理について一緒に考えていきましょう。

 

忙しい日々に追われている

仕事やプライベートでも慌ただしく過ごしていると、LINEだけでなくSNSの通知も放置しがち。そのため、溜まっていくメッセージに対応が追い付かない人もいるでしょう。溜まり過ぎた通知に、公式アカウントからだろうと思い込んで放置している場合もあります。

やることが多すぎてスマホを見る時間が少なくなると、通知が届いても違うものを優先してしまう日々に。意図的ではなく、自然と未読無視になってしまったという流れが予測出来るでしょう。

メッセージに重要性を感じていないため、優先度が薄くなっているのが理由のひとつです。忙しい人への重要な用件は、通話が早いかもしれません。

 

気まずくて見られない

忙しい時にメッセージの通知が届いていても、その場でチェックできずに後回しに。しかし、つい忘れて数日が過ぎてしまうと、未読無視になり相手に対して気まずい心理が生まれますよね。

返信が遅れても気にしない相手であれば、何もなかったように既読をつけられますが、忙しい時はそこまで考える余裕もなくなります。

未読無視の心理には、相手に対する申し訳なさから気まずくてトーク画面を開けずにいるのです。確かに、数日過ぎた未読メッセージを読むのは勇気が必要。揉め事が苦手な人の場合は、万が一のトラブルを避けたいとの気持ちが強くなるでしょう。

 

苦手な相手だから返信しづらい

未読無視の心理には、自分の意思が込められている場合があります。LINEで繋がる相手は、全ての人が濃い付き合いとは限りませんよね。そのため、苦手な人とも連絡を取り合わなければいけない事態に。

返信する気が乗らないと、通知に気付いてもタップしようとする指先も重く感じます。通知が届くだけで憂鬱な気分になってしまうと、後で見ればいいかという気持ちが表れるでしょう。

ちょっとだけ距離を開けたいとの思いが、未読無視の心理として隠されていています。既読になるまで何度もメッセージを送り続けるような行為をしないように、待つことも対人関係を良くするコツです。

 

受信トラブル

未読無視の心理には、予期せぬ事態が起こっている可能性も。スマホの容量不足や電波障害など、何かしらの原因でメッセージが届かないことがあります。受信トラブルだった場合、LINEの通知どころか確認さえ難しいですよね。

本人が気付かぬうちに、未読無視をしている状態なので、顔を合わせても会話が噛み合っていない時もあります。

自分の意思とは異なる未読無視の心理。これは心理ではないですけど(笑)、受信トラブルは、避けられないトラブルのひとつです。最近スマホの調子が悪いとの話を聞いた記憶がある時は、受信されていない状態が考えられるでしょう。

 

怒ってしまった可能性も

さっきまでLINEのやりとりをしていたのに、いきなり未読無視状態。既読がつかない画面に「なぜ」の気持ちで心が折れそうになる人もいるでしょう。受け取ったメッセージは、相手の感情を考えながら読むのではなく、自分の感情で言葉を読んで解釈するため、誤解が生じることがあるのです。

言葉はその時の心理によって、受け取り方が違います。未読無視の心理は、何気ない言葉で傷ついてしまった可能性が高く、怒りと悲しみでトーク画面が開けずにいる場合も。

もしかしてと感じた時は、トーク履歴を読み返し、謝罪のスタンプや誤解を解く内容を、自分の素直な言葉で伝えます。未読から既読に変われば、一歩前進。しつこく送らずに、このまま時が経つのを待ちましょう。

 

返信したつもりで忘れているだけ

未読無視の心理には、メッセージを読んで返信したと勘違いしていることもあり、拍子抜けするケースも見られます。通知画面でメッセージが表示されて確認出来た時に、トーク画面を開き忘れてしまう人も。

日頃、スマホを頻繁に開かない人や機種変更したばかりで、スマホ操作に慣れていない人に多く、指摘されて気付くといった場合もあるでしょう。

未読無視をされてしまうのは辛いと感じてしまいますが、意図的な未読無視の心理ではなく理由を知ると、お互い少し笑顔になれそうですね。

 

まとめ

既読と未読がわかるLINEは、大切な人や仲間の反応がとても気になります。自分が送った言葉によって、嫌な気持ちにさせてしまったら…と思うと、スマホから目が離せなくなるでしょう。しかし、未読無視の心理は、複雑なものからまさかのトラブルまであり、深読みするとキリがありません。

軽い気持ちで送ってしまうメッセージですが、相手の気持ちを考えた言葉を送ることで未読で不安にならない信頼関係を築いていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です