嫉妬の心理には深い悲しみや辛さがある場合も

嫉妬の心理には、ネガティブな感情が多く含まれています。悲しみや怒り、辛さは、相手を大切に想っているからこそ。嫉妬は穏やかではない心理ですが、自分でコントロールできたらいいのにと思う人もいるのではないでしょうか。

相手に知られたくないような…でも知って欲しいようなこの心理は、もどかしさを感じますよね。今回は、嫉妬の心理についてお伝えしていきましょう。

 

孤独を感じてしまう

大切な人や友人には、一番大切に思われていたいもの。しかし、自分以外の人と仲良くしている姿や、趣味や仕事に熱中している姿をみると、置き去りにされてしまったような孤独感を感じるのが嫉妬の心理です。一緒にいる時とは違った笑顔や雰囲気に、寂しさが募るでしょう。

自分のいない世界があることを知ってしまった現実に、耐えられない思いが溢れてくることがあります。このように、嫉妬の心理には、孤独に感じる気持ちが強く隠されているのです。

 

感情が抑えられない

嫉妬の心理には、どうして思いが伝わらないのかと激しい感情がこみ上げてくる場合があります。抑え込もうとする気持ちとは裏腹に、違うことに対しても心が高ぶってヒートアップした状態に。嫉妬は、自分自身でも驚く程に感情が暴走してしまうもの。

感情のコントロールが難しくなるのが、嫉妬の心理なのです。思いっきり怒ってみたり涙を流したりと忙しい感情に、周りだけでなく自分自身も疲れてしまうでしょう。

嫉妬にはタイプがいくつかありますが、気持ちが爆発してしまう時は、気分を紛らせることを行うと心の怒りや複雑な心境が落ち着きます。とても厄介な感情ですが、上手に付き合っていくと嫉妬の心理にも向き合えるようになるでしょう。

 

劣等感でいっぱい

嫉妬にはネガティブな心理が強く表れます。いつも強気な発言ばかりをしていても、嫉妬してしまうと、心に占める思考の割合の弱い部分が大きくなってしまうでしょう。

ネガティブな気持ちが膨らんでいく度に、嫉妬の心理は自分を責める傾向が。外側にぶつけるのではなく、全ての出来事を自分が劣っているからだと思い悩む人もいるのです。

周りを羨む気持ちが、自分の足りないところを浮き彫りにしていくので、さらに嫉妬の心理が加速されていく場合も。

ネガティブ思考になってしまうと、ポジティブに切り替えるのは至難の業です。ダメなところをプラスに捉えるためには、自分に自信を持つと嫉妬の心理から抜け出せることができるでしょう。

 

全てを知っていたい

大切な人や仲間のことは、全て知っておきたいとの独占欲が嫉妬の心理に表れています。自分が一番の理解者でいたいとも思っているので、否定されるような事態が起こるとショックの大きさも計り知れませんよね。

知りたい気持ちが強くても、相手が心を開いてくれなければ理解するのは難しいもの。信じているつもりが、いつしか疑いの眼差しで接する理由も見えてくるでしょう。

知らない一面を他の人から聞かされるのは、自分のプライドが許せないと感じる人も。裏切られた訳ではないのですが、独占欲が強くなりすぎてしまうと、お互いが窮屈に感じストレスに変わります。相手の新しい一面を第三者から知った時は、いつか自分の前でも同じような行動や言葉を言ってもらおうと前向きに捉えて、心を落ち着かせましょう。

 

嫉妬の気持ちは誰かに打ち明けよう

嫉妬の心理は、自分では上手く処理することが難しく、後に引きずってしまう場合があります。そのため、ネチネチと相手に言葉で攻撃して強気な態度になる人もいるでしょう。

直接当事者に嫉妬の原因を話すことも解決策の一つですが、相談できる身近な友人に打ち明けると、自分では考えられなかったアドバイスが聞けるかもしれません。

嫉妬している心理を誰かに話しているうちに、冷静な気持ちを取り戻せるケースがあります。感情に任せて嫉妬心を暴走させてしまうのは、自分にとってもマイナスです。周囲のアドバイスは、見えなくなってしまったものをもう一度見つめ直す機会を与えてくれます。

 

違ったものに目を向けよう

嫉妬の心理に火がついてしまうと、忘れたくても思い出して感情が複雑になる場合も。気にしてしまうと、余計に意識が向いて辛くなります。辛く傷ついた心を元気に戻すには、違ったことで発散していきましょう。

体を動かして汗を流し、美味しい食事をして眠るといった行動は幸福感に満たされるので試してみてください。考えない時間を作るために楽しいことを進んで行うと、充実した時間を過ごせます。嫌な気分に負けないくらいの気持ちで、自分磨きに励んでいきましょう。

 

まとめ

嫉妬の心理を、醜い感情だと考える人もいますが、心が乱れてしまうくらいに人を思うことは素敵な気持ちとも言えるでしょう。ドラマや漫画のようにいかないこともあるからこそ、見えなかった自分の一面にも気付くことができるのです。

考え方を少し変えると、穏やかな優しさや思いやりに変わります。心が折れそうになった時は、ゆっくりと深呼吸して心の整理をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です