寂しがりの心理を理解して仲良くなるワザ

寂しがりの心理って気になりますよね。特に自分自身が寂しがりではないという人は、寂しがりの心理がわからない、と悩んだ経験がある人も多いでしょう。

たしかに寂しがりの心理がわからないと、相手の気持ちをわかってあげられなかったり、トラブルに発展してしまったりすることもあるのです。

寂しがりの心理の人と仲良くなりたい、そんな人は寂しがりの心理を理解してコミュニケーションテクニックを身に付けていきましょう。

 

自分のことを知って欲しい

寂しがりの心理を理解することで重要なのが、寂しがりの人の多くは自分のことを知ってほしいと願っているということです。

寂しがりの心理を持つ人の多くは、引っ込み思案や内気な性格であり、なかなか自己主張が出来ていないという特徴があるもの。

しかし、自己主張が出来ない、タイミングがないだけであって、自分のことを知ってほしいという気持ちは人並みにあります。

寂しがりの心理の人と仲良くするならば、まずは寂しがりの人の話をしっかりと聞いてあげましょう。知ってもらえる、そうわかった時に寂しがりという性格も少しずつ落ち着いてくるでしょう。

 

否定をされたくない

寂しがりの心理は、否定をされたくないという気持ちも強くあります。これは自己主張があまり出来ていないという特徴と同じで、自己主張が出来ないあまり、自己主張することに怖気づいてしまうのです。

いざ発言をした時に否定をされたら…と思うと不安になってしまうのでしょう。否定をされたくないからこそさらに発言が出来なくなり、人とのコミュニケーションとしては、誰かに構ってもらう、一緒にいてもらうということに限られてしまい、寂しがりの性格が築き上げられていくという仕組みに。

寂しがりの人は勇気がない人も多いので、会話をする時は否定をしないように気を付けたり、否定をする際は言葉遣いを穏やかにして相手を思いやるようにしましょう。

否定をされるのが嫌というよりは、言い返せない自分やその時の雰囲気が怖いと思ってしまっているので、言葉遣いを意識すれば相手を怖がらせずにコミュニケーションが取れるはずです。

 

自分に自信がない

寂しがりの心理の持ち主は、自分に自信がないことが多くあります。自信がないからこそ不安を感じてしまいやすく、その不安を穴埋めするために誰かと一緒にいたがったり、構ってもらいたがったりという欲求が出てしまうというわけですね。

この心理は寂しがりの性格の人のほとんどに当てはまるものなので、接する場合には自信をなくすような発言をしないように気を付けましょう。

自信がないだけなので、相手のペースに合わせてあげると、自信のなさも次第に気にならなくなってきます。

何かをする時にはフォロー出来るようにしておくと、寂しがりの性格の人と親密な関係を築いていけるので、参考にしてみてくださいね。

 

極度のマイナス思考

寂しがりの心理の人には、極度のマイナス思考もいます。極度のマイナス思考だからこそ、不安を感じてしまいやすく、人を求めてしまうのでしょう。

極度のマイナス思考の持ち主と付き合っていくのは少し難しいものですが、不安感を煽ったり、嫌がることをしないように気を付けたりすれば、マイナス思考に振り回されることなく接していくことが出来ます。

寂しがりの心理が原因でマイナス思考になっているだけなので、寂しがるようなことをしなければ、マイナス思考は少しずつ落ち着いてくるものなのです。

寂しがりだと構ってもらうことで気持ちは満たされていくものなので、寂しがりの心理を埋めていくイメージで接していくと良いでしょう。

 

必要とされたい

寂しがりの心理の最も深い部分にある心理を挙げるならば、必要とされたいという気持ちです。構ってもらいたい、誰かと一緒に過ごしたい…そんな心理は必要とされたいという欲求から現れているものなのです。

寂しがりの心理を持つ人と仲良くなりたいのであれば、積極的に接することや、頼ってあげることが相手の気持ちを満たすヒントになります。

必要とされている、という気持ちが満たされていけば、次第に心を開いていきますし、仲良くなりやすいでしょう。

特に男性で寂しがりの心理を持っている人に頼ってあげると、男心も強く刺激されていくので急接近するためにはぜひ試したいテクニックの一つでもあります。

寂しがりの心理は相手を求めれば求めるだけ満たされていくものなので、適度に頼って相手の寂しがりの心理を刺激していきましょう。

 

まとめ

寂しがりの心理は、その心理を作り上げた原因を刺激していけば上手く理解して、付き合っていくことが出来るようになります。

何故寂しがりなのか、それを理解することが仲良くするためのコツになるので、周囲に寂しがりの心理を持っている人がいる場合には、何故寂しがりの心理を持っているのかを考えて、その心理をしっかり理解した上で接することが重要になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です