男女の友情は存在するの?女友達への男性の思い

男女の友情が成立するかどうかは永遠の課題、性別の違いはどうしても友情以上の感情を持ちやすく、せっかく素敵な人と知り合っても気持ちのコントロールができずに関係が続かないこともありますよね。

皆さんは男女の友情についてどんな意見がありますか。難しいから無理という人はかなり多いはず。でも稀に、男友達や女友達とうまく付き合いを続けている人も存在しますよね。

人それぞれに違う解釈方法があると思いますが、恋愛感情を一切持たずに男女の付き合いができるのかどうか、お互いに意思を強く持たないといけない時も。

とくに男性側から見ると、女友達にはどんな思いを寄せているのかとても気になりますよね。では男女の友情についてどう思うのか、男性の心理について見ていきましょう。

 

男女の友情が成立するケース

男女の友情は絶対に無理ではありません。生涯仲良く付き合いをしている人は決して少なくないのですが、すべての男女にあてはまるわけではないのです。

どのような場合で、男女の友情が成立するのか以下のポイントを見ておきましょう。

 

幼馴染

子供のころから一緒に育った人とは、そのまま自然に友情が築かれていきます。大人になって恋愛をするようになっても、お互いに自分の恋愛環境をストレートに話せる関係になれますよね。

ごく稀に幼馴染があまりにも素敵になり、恋をしてしまうという素敵なお話もありますが、友情をとるか恋をとるかの慎重な判断が必要です。

幼馴染は共通して、親同士が知り合いである場合が多く、そんな家族ぐるみの関係が気持ちをコントロールできるのかもしれません。

 

恋人同士も知り合い

ダブルデートで知り合った関係や、お互いの恋人を紹介してグループで付き合えるような関係なら、男女の友情は成立する可能性があります。

たとえば合コンで知り合った人と深入りしないために、彼氏や彼女の話をして進展を防ぐ人。恋愛感情が混ざってしまったら、相手に恋人がいたら諦めるしかありませんよね。

それでも性格的に相性が合う異性の存在だと、恋人にも紹介してみんなで仲良くしたい気持が生まれることもあるでしょう。

こういう場合には、男女の友情が必然的に成立する可能性があります。

 

仕事を通じて知り合った

仕事関係で知り合った人はプライベートな生活とは切り離し、仕事の話がメインになります。自分の立場やキャリアを考えると、恋愛で失敗するのはとてもリスクが大きいですよね。

感情を制止する環境があると、仕事仲間とは良い友達関係が築ける場合もあります。仕事の帰りに二人で食事、飲みに行って仕事の愚痴を言い合う、そしてお互いの恋人の話など。このような二人なら、大人の友情が築けるでしょう。

 

男性は女友だちをこう見ている

男友達がいるという女性は多いと思いますが、自分が抱く感情と男性が抱く感情、果たして同じレベルなのでしょうか。そこで男性が女友達に抱く感情について見ていきましょう。

 

好きだけど恋人にはしたくない

男友達から女友達を見た時、よくあるのが自分のタイプではないけれど性格がいいので友達として付き合っているという場合。

一緒にいると楽しい、とてもいい人だからとはっきり一線を引いて付き合えるのは、自分のタイプでないことが大きな理由となっているのでしょう。

男性は自分の彼女と友達に求めるものが違います。楽しくて性格がいい女性でも、恋愛に発展しないなにかがあるのでしょう。

一晩二人で飲み明かしてもそれ以上の関係に進展しないのは、彼女として求めるものが満たされないためなのです。

 

女性として見ている

恋人にはしないけれど、綺麗な女友達を男性はたくさん持っていたいもの。自分の友達に自慢できるような可愛い女友達や、美人な人は恋愛対象にされなくても、せめて友達でいたいという本音があります。

このような思いが男性の心理には隠されていますので、どんなタイプでも女友達としてOKではなく、女性としての魅力がないと恋人どころか友達にもしたくないのです。

「一緒にいた人誰?」と友達が聞いてくるような素敵な女性を、友達にしたい願望があるのでしょう。

 

理性で気持ちを抑えている

男女の友情は自然には成立しないもの、そんな気持ちが根底にあり自分の理性でなんとか友情をキープする人も少なくありません。

二人だけの空間、女友達が酔っ払っているけれどここが男としての価値を発揮するところ。理性で欲望を抑えながら、友達としての品格を保っているのです。

普段一緒に遊んでいる時は全く気にならないけれど、ふとした瞬間に見せる女らしさを見た瞬間などに、恋愛の対象として見てしまうことは実際にあるでしょう。

 

相手次第で関係が変わる

友達関係は一生続く大切なものですから、自分の欲で失敗することだけは避けたいですよね。もし一線を越えても、絶対に友達関係は続けられると自信を持っている男性もいるかもしれませんが、現実的には難しいでしょう。

友達から特別な存在になるには、男性側でなく女性次第というところもあるのです。もし女友達からアプローチしてきたら、はじめは困惑するかもしれませんが、男性の本能で応じてしまうかもしれません。

 

男女の友情を成立させるコツ

異性の友達は同性の友達にはない魅力がありますので、男女の友情を築きたいと思う人もいるでしょう。ではどんなポイントを大切にすれば良いのか、次のポイントを意識してください。

 

知り合い方に注意

合コンやナンパで知り合う相手とは友達関係を築くのは難しいですよね。男女の友情を成立させるには、出会い方にも注意してみましょう。

 

なんでも話せる関係になる

隠し事があると本音で語り合う友達関係になるのは困難。たとえば恋人の存在、好きなタイプなど恋愛に関する話は積極的に二人でシェアして、友情以上の関係にならないように気持ちをお互いにコントロールしてくださいね。

 

適度な距離感

毎日会うほど生活のなかに入り込んでしまうと、特別な感情を抱きやすくなります。適度な距離感を大切にして会う頻度にも注意しましょう。

 

まとめ

男女の友情はとても素晴らしいことですが、いきなり街中で異性の友達を見つけるのは大変。じっくり時間をかけてお互いをよく理解できる間柄になってから、徐々に信頼関係を築いていきましょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね!

>>>目で追う時の心理!男性から視線を感じる意味について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です