社内恋愛でアプローチするときに注意することは?

社内恋愛でアプローチしたいけれど、周囲の視線が気になるということがよくあります。仕事もしないで恋愛?なんて、先輩から怒られたら恥ずかしいですよね。

恋愛対象が職場にいるというケースは多く、内緒で付き合っているカップルもいます。普通の恋愛とは違ったシチュエーションがあり、社会人としてのマナーを基盤にして二人の関係を築かないといけません。

もし会社に好きな人がいる場合、これは恋愛のチャンス到来です。自然に成り行きを見守るよりも勇気を出してアプローチしてみませんか。

そこで注意したいのが、社内恋愛でアプローチするときの行動です。失敗して仕事がやりにくくなることを避けて、自分らしく近づいていきましょう。

 

できるだけ内緒にする

恋愛話が盛り上がるのは学校だけではありません。職場の女性社員の休憩時間の話題、飲み会の話として取り上げられるので、当事者になるときには次のことを注意してくださいね。

 

社員に話さない

社内恋愛は、会社によっては禁止している厳しいところもあり、もしバレてしまったら部署替えの対象になる場合もあります。

どのような対処を取られるかわかりませんし、恋人同士が同じ職場にいると周囲の人が働きにくい一面もあることを憶えておきましょう。

そのため社内恋愛で、アプローチする際に忘れてはいけないのはたとえ仲がよい社員でも、気軽に話さないこと。

「絶対に言わないでね」の約束が守られることはとても少なく、あっという間に社内恋愛の話は広がってしまいます。

 

相談者は社外の人にしよう

社内恋愛を進めるのは、高いハードルになる場面がいくつもあります。部署が全く違う人だと話をするチャンスすらなく、アプローチのしようがありませんよね。

そんな時に一番心強いのは、状況を理解できる同じ会社の人。しかしここが社内恋愛の落とし穴になりますので、バレないためには社外の友達などに相談やアドバイスを求めてください。女性社員の視線は鋭く、単なる推測が当たってしまうことも度々あるでしょう。

 

仕事優先の姿勢を維持すること

社内で気になる人がいると、つい仕事の手も止まってしまうもの。これでは社会人として失格の部分も出てしまうため、本来の目的を見失わず毎日仕事に対して努力し頑張るようにしましょう。

 

仕事ができない人と思われないようにする

仕事もせずに好きな人にメッセージを送るのは、相手に迷惑になり自分の仕事効率も悪くなってしまいます。

同じ職場に好きな人がいるとつい視線を送りたくなるでしょう。しかしあくまでも会社は仕事をするところ。プライベートと一線を引けない人は、恋愛もキャリアも中途半端になってしまいます。

こんなに忙しいのにしつこくされる…なんて相手が不快に感じてしまったら、恋愛のチャンスが無くなってしまうケースも。

 

メリハリをつける

仕事で頑張る人は、とても魅力的で異性からも注目される存在です。最近は仕事一筋のキャリアウーマンも増え、男性並みに力を発揮する人もいますよね。

仕事ができる人は、休憩時間と仕事のメリハリがあり、しっかり気持ちを入れ替えています。それができずに恋愛ばかりを意識するようでは、周囲からの評価も下がってしまうでしょう。

仕事が遅い男性社員、いつも化粧に時間をかける女性社員など、社会人としての責任やプライドがない人は恋愛対象として見られにくいのです。

 

二人だけの時間を最大活用しよう

社内恋愛の始まりは会社の飲み会やイベント、メッセージのやりとりなどあらゆるチャンスが隠されています。

周辺に人がいると個人的な会話が出来ませんが、そんな限られた環境のなかでこそ二人のチャンスを最大限に生かしてアプローチしてください。

 

休憩時間を使おう

会社のなかにいる間は、たとえ昼休みでも気を抜けず、誰かに見られているようなプレッシャーがあります。

こんな環境で、いきなり休憩時間に近づくのは失敗のもと。そんな時は個人をターゲットにせず、好きな人の周りに近づくように意識してください。

たとえば好きな人がグループでお弁当を食べている時、それとなく会話に参加するのも良いでしょう。

自分の存在を知ってもらい、徐々に距離感を縮めて告白のチャンスを待つようにしたいですね。

 

会社の飲み会に積極的に参加しよう

仕事中に二人だけになるのは不可能に近いかもしれませんが、会社の飲み会なら多少積極的なアクションをとっても、お酒の席だからと周囲も納得します。

しかし注意したいのは、会社の飲み会で二次会に行くとき。いきなり二人で消えてしまうような展開は、次の日の噂話になりますので自然の成り行きで二人の時間をできるだけ作りましょう。

気になる人が参加しない飲み会に行くのは無駄に感じるかもしれませんが、いない時こそ重要な情報がゲットできる可能性もあります。

恋人がいるのか、どんな人がタイプなのか、そんな話題を期待して参加をするのも良いかもしれません。

 

仕事以外の時間でコミュニケーションをとること

出会いは職場でも、二人の関係を築くのは外でするべきことです。なによりも仕事が優先される社内恋愛。

お互いのことをもっと理解して知り会うのは仕事中にはできません。仕事の顔とプライベートの顔が全く違う人もいますから、仕事の姿だけで判断できない人間性も注意したいところですね。

そこでコミュニケーションをとるのは原則的に仕事以外にすること。誰かに見つかる恐れがなく、本来の自分の魅力を発揮できる時です。

連絡先を仕事中にそれとなく聞き出すか、小さなメモ紙で連絡先を素早く渡すなど。後の進展は、家に帰ってからのお楽しみにしてくださいね。

隠そうとすると逆に挙動不審な態度になり、敏感な社員だとすぐに勘づいてしまいます。仕事中も馴れ馴れしく話をしないように、冷静な態度を心がけてください。

 

まとめ

社内恋愛でアプローチするときは、周囲にバレないようにすることが注意点のひとつ。そして仕事をしながら相手に好感を残すためには、プロ意識を大切にして集中しながら仕事をこなす姿勢も忘れてはいけません。

早くモヤモヤしたい気持ちを、すっきりさせたいと悩んでいる人は多いでしょう。社内恋愛は好きな人に毎日会えるメリットだけではなく、リスクを抱えていることも忘れないようにしたいですね。

だからこそ社内恋愛でアプローチする際は、下準備をして失敗しないように注意が必要になることを、普段から意識しておくことが大切です。

 

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>デートの誘い方でOKしてもらいやすいもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です