うお座の性格は優しい?それともクール?

うお座の性格はとても穏やかな印象がありますよね。12星座の中で最後の星座ということもあり、次の新しいサイクルへの橋渡しの役割を持つうお座。性格も誰かのためになることを好んで行う優しさが特徴です。

しかし、人魚のような魔性を秘めた一面も隠されているため謎の多い部分も…。今回は、うお座の性格を詳しく紐解いていきましょう。

 

感受性豊かでロマンチスト

うお座の性格は、水のように掴むことが出来ない感受性の持ち主です。感情のままに行動を起こすところがあり、予測できない不思議な魅力を備えています。自分の気持ちを素直な部分を持ち、感情の変化が激しい時は二面性があるのではないかと疑われる場合も。

12星座の中でもロマンチストとしても有名なうお座は、ドラマのような毎日を望むところがありますね。夢を抱くことを忘れない性格ですが、フィーリングが合う人にしかすべてを見せない秘めた部分は、さらに惹きつける魅力のひとつ。裏表がないので、謙虚な姿に好印象を抱く人も多いでしょう。

 

周囲から影響を受けやすい

優しいうお座の性格は、周りに合わせる気遣い上手の一面があります。誰にでも笑顔で合わせられるのですが、相手の喜ぶ顔が見たいために無理をするケースが、一度や二度ではないのが特徴。

いつしか、自分自身が疲れてしまう場面もみられます。周囲には八方美人や優柔不断に思われる場面もありますが、芯の強さを兼ね備えているので気にしない強さもあるでしょう。

柔軟性があって、すぐに周りに馴染めるところもうお座の性格の良さです。いろいろな刺激を受けて、自分のものへと吸収するエネルギッシュな性格も素敵ですね。

 

癒しを与える存在感

うお座の性格は人の傷みがわかり、相手の立場になって物事を考えられる優しさを持っています。感受性の強さから辛さも感じ取ってしまうので、同じような心のダメージを受ける場合もあるでしょう。

元気がない人を見かけた時は、なんとか元気にしてあげたいと奮闘するのがうお座の性格。温厚なオーラが、周囲を癒していきます。うお座の優しさに触れてしまうと、何度も癒しを求めて、どんどん人が集まってくるのが特徴です。おっとりしているところもあるので、一緒に居るだけで穏やかな空気を作り出します。

 

芸術肌タイプ

独特な感性のうお座は、性格もアーティスト気質な一面があります。与えられた環境の中で、どのような仕事も適度にこなす器用さを持ち合わせながら、創作する芸術の世界に触れることを好みます。

マニュアル通りに物事を進めていくよりも、自分の感覚を大切にして突き進んでいく部分が印象的。適当そうに見えますが、自分のスピードできっちりと仕事をこなせる持ち主です。

簡単に真似できない生まれ持った芸術肌なので、感性を磨きながら喜びとやりがいを感じるでしょう。

 

平和主義で我慢強い

うお座の性格は、争い事を好まず温厚な関係を望みます。責任感が強く、ストレスを溜め込みやすいのが気を付けたいところでしょう。我慢強い性格で、周りに辛さを見せない一面があります。

言葉で表現するのが苦手なうお座は、周りの空気を瞬時に感じ取り言葉よりも行動に移しますが、相手に伝わらないこともあり、責められる場面もあるでしょう。自分が犠牲になればいいとの考え方を持っているので、ケンカをしない関係を築いていきます。

 

尽くすことで満たされる

ロマンチストのうお座の性格は、恋愛においても尽くす愛に喜びを感じます。愛する人に染まりたいとの気持ちが強く、好きな人が変わる度に趣味や雰囲気が相手好みに変化していく人もいます。

しかし、好きになった相手に尽くし過ぎる傾向があり、自分自身を苦しめる結果に繋がります。窮屈な恋愛に感じても、黙ってついていこうと耐えてしまう意地らしさも、うお座の性格。周囲に心配される恋愛も多いでしょう。恋人というよりは、夫婦のような末永く一緒にいられる関係を望みます。

 

楽しみを探す才能の持ち主

うお座の性格は、好奇心旺盛なところがあり、どんな時でも楽しい出来事がないかを探しています。どの星座よりもアンテナを張り巡らせているため、共感した仲間がどんどん増えていくでしょう。涙を流すよりも、笑顔が絶えない日々を過ごします。

時間を無駄にしたくない思いが強く、常に頭の中でやりたいことを考えているうお座。周囲を飽きさせない発想に、周りは興味津々です。一緒に過ごしたいタイプとして、同性だけではなく異性にも人気があるでしょう。

 

まとめ

うお座の性格を知っていくと、温厚な人柄が見えてきます。しかし誰からも好かれるうお座は、断れない性格なので浮気の心配が絶えないところ。受け身ばかりで疲れを感じた時こそ、行動力を活かして旅行に出掛けるのもいいかもしれません。

周りのために行動していると、自分自身が辛くなる日もあり疲れがたまる可能性もあります。自分のためにリラックスする時間も必要です。愛が溢れる毎日を、たくさんの笑顔で過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です