貧乏揺すりの心理は不安だから?その心理に迫る!

貧乏揺すりをする心理は、周囲から見ると無意識に行う癖のように映りますが、あまり良い印象を受けませんよね。しかし、落ち着きがない嫌な動作に見える貧乏揺すりは、小刻みに足を揺らすのでむくみ防止の効果が期待できると言われているのです。

実際にはマイナスイメージが強い貧乏揺すりですが、心理には何が秘められているのか気になりますね。では、ゆっくりと紐解いていきましょう。

 

ストレスが大きく影響

貧乏揺すりをする心理は、自分の意思とは関係なく気付くと足を揺らしている場合があります。ストレスが原因と言われる動きが貧乏揺すり。

心理状態を良好にするために、体が勝手に動いてしまうこともあるでしょう。溜まったストレスをその場で解消させて自分を保つ姿は、痛々しくも見えますが適度のリフレッシュは必要。では、どのような時に貧乏揺すりをしたくなる心理が強くなるのかを見ていきましょう。

 

同じ姿勢もストレスに

貧乏揺すりをする心理には、デスクワークのような長時間同じ姿勢での作業をしている時に無意識に起こります。一部でも動きを制限されてしまうと、体がストレスを感じるもの。

同じ姿勢は血流が悪くなり、集中力が続かない状況になるでしょう。体が悲鳴を上げないようにと少しずつ貧乏揺すりを行いながら、凝り固まったストレスをほぐしている場合も。

背伸びや大きく深呼吸が出来ると、足を揺らさずに体がほぐれるので長時間同じ姿勢の時は、適度に体を動かすとストレス緩和に繋がるでしょう。

 

極度の緊張も

面接や大事な会議など、緊張を隠し切れない時に貧乏揺すりをする心理が生まれます。緊張すると、急に早口になったり汗が溢れてきたりと動揺する場面も。頭の中が真っ白の状態の時に冷静さを取り戻そうと、足でトントンとリズムを刻んでしまう時もあるでしょう。

緊張はストレスと同じ状態で、逃げたい気持ちが強くなるもの。落ち着かない気持ちがそのまま表れるので、周囲にも緊張していることが伝わります。

新人の頃を思い出す…という上司や先輩もいるかもしれません。緊張をほぐすために、声を掛けてくれる人もいるでしょう。

 

感情を抑えて我慢している状態

気持ちを抑えて我慢すると、貧乏揺すりをしたくなる心理が無意識に表れます。納得のいかない仕事や言いたいことが言えない環境に対して、心の中で葛藤している状態から貧乏揺すりをする心理が強くなるのです。どこか腑に落ちないと、煮え切らない感情に悩まされることも。

もどかしい思いは態度に表れても良い伝わり方ではないため、近寄りがたい空気を作り出します。気持ちを分かって欲しくてわざと貧乏揺すりをする人もいますが、大抵は無意識にしてしまう人が多いでしょう。

 

イライラを解消させるため

怒りで納得がいかない時に、貧乏揺すりをしたくなる心理状態に。こみ上げてくる苛立ちを誰かにぶつけたくなりますが、ぶつける前に自分自身で解消しようともう一人の自分が抑えているのです。

貧乏揺すりから見える心理には、空気を察して欲しいという心の叫びも隠されていることも。そのため、自分では自覚がないため気付きませんが、周囲から見るととても怖いオーラを感じるでしょう。

不満を言葉で表現するのは、難しいものです。全てが自分の欲求通りとはいかない現実を、受け入れようとするのは心が苦しくなることも。

感情を抑えきれずに貧乏揺すりをしてしまうのは、自分の感情をコントロールするのが苦手な場合もあり、周囲を傷つけたくないという優しさが隠されている可能性もあるのです。

 

不安な気持ちを隠すときも

人と接する時は相手の目や表情、上半身を気にしますが、足元は比較的目に入らないもの。意識を上半身に向けることが多いため、無意識に自分の気持ちが足に出やすくなるのです。

会話の内容に自信が持てない時や時間に追われて、焦る気持ちや不安が貧乏揺すりに表れることも。足を揺らしながら、解決策を考えている人もいるでしょう。

心理的には、不安な状況をなんとか抜け出したいという思いが秘められています。相手の言葉にも耳を傾けながら、別のことを考えている状態に。

集中力もなくなり自分の考えがまとまらないといった、アクシデントに見舞われている可能性も高いでしょう。

 

癖になってやめられない

足を小刻みに揺らす貧乏揺すりは、心理的にも安定する仕草のひとつ。目立たないようにすることが多いですが、無意識に出てしまう癖なので個人差があり、周囲の目を引く人もいるでしょう。でも激しい揺れは、落ち着きがない態度として好ましく思われませんよね。

ところが無理に止めようとすると、余計に意識してストレスを感じてしまいて激しい貧乏揺すりをするケースも。飴やガムで気を紛らわせるように心掛けると、気分転換になって癖も最小限に抑えられるでしょう。

 

安心感がある

貧乏揺すりをしたくなる心理は、安心感で満たされたいから。貧乏揺すりを始めると、心が落ち着いていきますよね。椅子に座っている時は、テーブルで足下が気にならないので、癖としてこっそりやってしまいがち。

無心になると、足が動いてしまうのは無意識にストレスや不安定な気持ちを解消しようとしているのです。一定のリズムを取ることで安心感が得られるでしょう。

気が抜けている時に貧乏揺すりをすると、リラックス出来る人もいます。気持ちの切り替え方法として、貧乏揺すりが癖になってしまった時は、誰もいないところでするように心掛けていきたいですね。

 

完璧主義だから

自分自身を高めたいと思う気持ちは、完璧主義の心に重くのし掛かり、貧乏揺すりをする心理を強くさせるのです。完璧主義の持ち主は、自分自身にプレッシャーを与えてしまう一面があり、精神的に追い込んでしまうところも。逃げ場がない心理状態から、貧乏揺すりを無意識にしてしまうのでしょう。

弱音を吐き出すことは自分自身が許せないため、自覚がない癖としてガス抜きの意味で貧乏揺すりをする心理が働きます。溜め込みやすい性格は、どこかで息抜きも必要でしょう。

 

まとめ

落ち着かない気持ちを和らげる働きが、貧乏揺すりの心理です。無意識に自分の心と体をコントロールしているため、意識していてもなかなか止められない理由になるでしょう。

苛立ったようにも見える貧乏揺すりは、無意識の状態なので何も考えずにボーっとしている時も。足の揺れは気になってしまいますが、気持ちを切り替えている最中なのです。

癖や性格だからと決めつけずに、相手の心理に気付いてあげられる優しさでコミュニケーションを深めていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です