模様替えしたくなる心理~運気が変わる大チャンス!

模様替えの心理が突然働く時がありますが、毎日同じ生活空間にいると、なんとなく物足りなさを感じて、ある日一気に模様替えをしたくなる衝動がわきますよね。

自分の家のなかは、刺激よりも癒しが大切。しかしマンネリしてくると、生活に対するやる気まで失われてしまうこともあります。

模様替えの心理は様々で、単に物を動かすのが好きな人、悩みを抱えている人などもいるでしょう。ですが忘れてはいけないのは、インテリアを変えることで、もしかしたら運気までも大きく変わるチャンスになるという点です。

そこで早速ですが、模様替えしたくなる心理について、詳しくご説明したいと思います。なんとなく、新しい空気を生活シーンに入れたいときは、まず模様替えがオススメですよ。

 

模様替えする心理にはどのようなものがある?

模様替えをする心理について、どのような時があるのでしょうか。いくつかのケースについてご紹介していきましょう。

 

過去に決別したいとき

生活習慣は心の表れであり、汚れた室内や物が散乱しているのは、心の中が乱れているサインかもしれませんよ。

そんな自分に嫌気がさしたとき、新たな人生を送りたいと気分転換をしたくなったら、まず気になるのが、自分の生活空間でしょう。

過去の自分と決別して、新しい自分になりたい。そんな願望がある人は、模様替えをする心理が働き、今までとは違った空間のなかで暮らしたくなります。

ベッドの位置を変えたり、家具を買いなおしたりするなど、大がかりな模様替えにチャレンジする人もいるかもしれませんね。

 

気持ちを引き締めたい

集中力が不足して困るときは、部屋のなかが散らかっていることが理由かもしれませんよ。今までよりも、さらにレベルアップしたい時。インテリアのカラーをシンプルな色から、赤や青などの原色にすると、モチベーションが高くなることがありますよね。

このように、生活環境が変わると、毎日の取り組み方も変わってきます。仕事がうまくはかどらない場合や、テストが控えている時など、気持ちを引き締めたい願望がどこかに隠されているかもしれませんね。

そんな場合は、不安を軽減するためのカラーや配置などを意識して、模様替えしてみましょう。

 

飽きっぽい性格だから

毎回遊びに行くたびに、部屋の模様替えがしてある家ってありませんか。飽きっぽい性格だと、同じ風景が続くと、退屈して刺激が欲しくなり、机の位置を変えたりテレビの向きを変えたりするなど、いつも模様替えで生活空間を楽しんでいます。

飽きっぽい人は、大型家具があると、あまり配置が変えられなくなりますので、すっきりした部屋のなかで、細かく模様替えするといいかもしれませんね。

飽きっぽい生活を直すには、流行りの断捨離で不要なものをなくし、逆にシンプルライフを始めると、あらゆるこだわりがなく生活できますよ。

 

模様替えが必要なのはこんな時

模様替えして気分転換をしたくなるのは、次のようなシチュエーションがあります。そのときの気分に合わせて、どんな新しい風が必要か、悩みや希望を考慮して、模様替えの心理を生かしてみましょう。

 

ふられたとき

恋人と別れた後、好きな人に告白してふられたときなど、ショックを受けた後は、しばらく立ち直るまでに時間がかかることもありますよね。

いつまでも一人で考えていても、状況がすぐに変化しないとき。そんな場合は、部屋の模様替えをして、気分一新してみませんか。

辛い状況から抜け出すためには、頭の切り替えが大事。そのためには、視覚的にも違った雰囲気をだせば、気持ちも前向きにかわるでしょう。

もし、恋人のことが忘れられず、いつまでも引きずっている人は、思い出の品も模様替えと一緒に処分することも必要ですよ。

 

健康が気になるとき

風邪をひいて、ずっと咳が止まらない、なんとなく疲労がたまる、病気治療がやっと終わったなど。健康面で不安があると、なんとなく家のなかの配置や運気などが気になりますよね。

風水で健康運をアップしたいと考えるように、インテリアには、気の流れを変える働きがあるといわれています。

風邪をひいただけでも、家の中にはウイルスがたくさんいる気持ちになることがありますが、そんなときに、思い切り窓を開けて新鮮な空気を入れたいと思いませんか。

病気をしがちな人や、健康維持を願うときは模様替えの心理が働き、元気になるように、悪い気を外に出したくなりますよね。

 

好きな人ができたとき

好きな人と両想いになったら「恋人がもし遊びに来たらどうしよう」。そんな恋をしている人は、恋愛がきっかけに模様替えをする心理が働くことがあります。

恋人が自分の部屋に入ってきて、あまりにも散らかって幻滅されたら困りますよね。整理整頓だけでなく、できればおしゃれなところに住んでいると思われたいでしょう。

恋をすると、メイクやおしゃれにも時間がかかりますが、それは自分自身だけでなく、生活空間にもよいメリットを与えてくれます。

今まで部屋を掃除するチャンスがなかった人にとっては、とてもよい模様替えのきっかけになりますね。

 

運勢が変わる模様替えのコツ

模様替えをしたら運気がアップした、モテるようになった、という人の話を聞くことがありますが、部屋の中にはあらゆる気が流れ、模様替えで運勢が変えることは可能です。次のポイントを意識して、これからは部屋の模様替えをしてみませんか。

 

恋をするなら暖色系

「恋愛をしたいけど、出会いのチャンスがない」という場合には、恋愛運をアップするピンク色などの暖色系を、積極的にインテリアに使ってください。

カーテンやベッドカバーなど、大きなアイテムほど、色の効果が出やすいので、暖色系でまとめて優しい気持ちになりましょう。

 

玄関を綺麗にしよう

家の顔になる玄関。いつも泥やほこりで汚れている家には、プラスの気は入ってきません。最近あまりいいことがないと感じている人は、玄関の掃除を徹底的に行い、観葉植物などを置いて綺麗にしましょう。

また、玄関に靴をバラバラに並べてある、下駄箱の下がほこりだらけ、という場合も、運気が低迷する可能性があります。

基本的に模様替えをするだけでなく、開運を願うときは、掃除も手を抜いてはいけません。トイレやキッチンなどの水回りは、金運アップのカギを握っているスポット。気になるところは、早速今日から模様替えと掃除をはじめてくださいね。

 

まとめ

模様替えの心理は、今までとは違う生活をはじめる気分転換のチャンス。こんなときは、なにか良いことが起こる前兆かもしれませんので、自分の気持ちに正直になり、ピンとくるカラーやインテリアを選ぶと、いいかもしれませんね。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>スマホを触る心理は不安だから?その理由について迫る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です