自撮りの心理はナルシスト?隠されている気持ちについて

自撮りの心理には、ナルシスト以外にも隠されている気持ちがあります。自撮り棒があると、一人でも好きな場所で撮影できて便利ですよね。

撮ってもらえる人がいなくても、気軽に出来るようになった自撮り。SNSに投稿して、たくさんの評価があると嬉しくなります。上手く撮るために何度もカメラの位置を調節して努力する姿は、人には見せたくない影の努力です。

良く魅せる努力は、女性にとって大変なこと。今回は、自撮りから見える心理を一緒に探っていきましょう。

 

違った自分を楽しみたい

自撮りの心理には、レンズを通して映る自分の姿に楽しさを実感し、いろいろな自分を見てみたいとの思いが表れています。角度をつけただけで、いつも見ている自分とは違って映る楽しさに、ハマっている状態と言えるでしょう。

被写体が自分なので、撮りたい時に好きなだけ撮影できる自撮りの心理は、カメラ好きのきっかけになる人もいるのです。

新しい自分を発見したい女性に多く、ファッションやメイクの研究に熱心な人程、自撮りを楽しむ傾向があるでしょう。

 

自己顕示欲を満たしたい

自撮りの心理から見えるのが、誰かに評価してもらいたいという気持ち。撮影した画像をSNSに投稿すると、あっという間にネットに広がり評価をもらえますよね。

多くの人に受け入れられたいとの思いが、自撮りの心理に込められています。直接友人に画像を見せつけるのは気が引けますが、SNSに投稿するだけなので友人に間接的に伝えることができるでしょう。

無理やり見せつける訳ではないので、気軽にアピールできる良さを持つ自撮りの心理。多くの人に見られていると思うと、恥ずかしいですが優越感がありますよね。でも、誰かに気に留めてもらいたいという欲求は、SNSによって満たされていると言ってもいいでしょう。

 

理想の自分になれる

自撮りの心理から、なりたい自分になれるとの気持ちが見えます。黒目を大きく加工したり細く見せたり出来るアプリを使って、理想の自分になれるのです。

加工アプリを上手に使いこなすと、まるで別人かのような姿になる自撮り画像。実は、顔や体型のコンプレックスが関係している場合もあります。隠したい容姿を可愛く見せることによって、上手くごまかしている心理が伺えるでしょう。

コンプレックスを気にしている素振りを見せずに、気丈にアピールしながら可愛い自分を演じているのです。

 

とにかく目立ちたい

友人と一緒に撮影しても、自分が一番良く撮れているものを選んでネットに投稿する自撮りの心理は、目立ちたがり屋の傾向が強く表れています。

友人の顔がちょっぴり変に映っていても気にせず投稿するのは、自分だけを良く見せたいとの思いがあるから。自撮りの心理には、自分だけしか見えない目立ちたい気持ちが隠されているのです。注目されることで、元気になれるパワーを受取っているタイプとも言えますね。

目立ちたがり屋の人は、どこでも自撮りをするところがあります。充実しているように思われたい心理があると、ついつい力が入ってしまうことも。

 

自撮りが癖に

スマホやSNSが普及してから、自撮りが当たり前のようになっている人もいます。SNSに投稿しなくても、スマホのフォルダーにはたくさん保存されているでしょう。

ナルシストとは違って、とりあえず撮っておこうとする心理は、子供の頃に写真をたくさん撮ってもらった思い出が忘れられない場合もあります。

カメラが置いてあったら撮りたくなる感覚は、年齢を重ねても忘れることはありませんよね。いつしか癖になり、暇つぶしに撮ってしまうという自撮りの心理が垣間見えるでしょう。

 

深く考えずに撮ってしまう

いろいろなものに興味を持ち、積極的に新しい物に触れたいという人も、流行りに乗って自撮りをSNSに投稿してしまいます。自撮りの心理には、深く考えずに周囲に合わせて撮ってしまうところがあるでしょう。

気にせず撮る心理には、自分が好きとの気持ちが隠されている場合もあり、最高の一枚を残したくなります。後から振り返って少し前の姿を思い出すことで、画像が日記のような役割に。

自分の記録として残す感覚に、孤独感や寂しさを秘めています。深く考えていないため、ノリで投稿する危うさも気になるところです。一度投稿してしまうと、義務のように感じて次から次へとネットに載せてしまう心理が働く場合もあるでしょう。画像はよく考えてからSNSに載せたいですね。

 

まとめ

自撮りの心理には、誰かと繋がっていたいと思う気持ちと、充実している雰囲気をアピールして安心感を求める心理が見られます。

自信が持てないことが、こだわる理由のひとつかもしれませんね。男性よりも女性の方が多くの画像や思い出を残したがり、ナルシストとの印象が強くなってしまいます。自覚がない場合が多いですが、自分が好きだからこそ画像に残したくなるもの。

自撮りは、自分をアピールする心理が強く表れているのです。画像を見せ合うだけで満足する表面だけの繋がりではなく、本音が言い合える仲間との繋がりを大切にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です