鼻を触る心理とは?仕草から分かる相手の気持ち

鼻を触る仕草には心理が隠されているものです。人と会話をしていて、相手が鼻を触る仕草をしていたら、何らかの心理の現れの場合が多いでしょう。予め鼻を触る心理のことを知っていれば、相手が鼻を触る仕草をした時、何を考えているかを予想出来ます。

そうすれば、より相手とのコミュニケーションを楽しむことが出来ると言えるでしょう。そこで今回は鼻を触る心理について注目。

もっと相手のことを知りたい、会話上手になりたい…そんな人は鼻を触る心理を知っておくと、より相手との距離を縮められます。人間関係に役立てていきたい、そんな人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

好意を感じている

鼻を触る心理の中でも、特に異性に対して当てはまる心理というものが、好意を感じているという心理です。特に男性に多いという特徴がありますが、男性の多くは好意を感じている相手を前にした時、照れ隠しのつもりで鼻を触る仕草をしてしまうもの。

男性は女性に自分の気持ちを気づかれたくないと思っていることが多いので、好意を感じている女性を前にした時、少しでも自分の気持ちが気づかれないようにという心理が強く働いてしまうのです。

鼻は自己主張を表すパーツとも言われているので、鼻を触ることで自分の心理を隠して、女性にバレないようにしているのでしょう。

 

緊張している

鼻を触る心理は、その人の緊張状態を表していることもあります。例えば緊張するような場面で鼻を触る仕草をよくしている人がいますが、これも緊張しているから無意識に鼻を触る仕草をしてしまっているのでしょう。

これは男女共通して当てはまる心理なので、男性だけではなく女性にも見られる仕草の一つです。緊張する場面だけではなく、例えば人見知りの人や異性に対して苦手意識がある人は人と会話をする時に緊張してしまい、鼻を触ることも少なくありません。

もし接している人の中で鼻を触る仕草をしている場合には、適度な距離感を保ちながら相手の緊張状態をほぐしてあげると良いでしょう。

 

何か隠し事をしている

鼻を触る心理には、隠し事が隠されている場合もあります。鼻を触るという行為は心理学で見ると、自分の何かの気持ちを隠したいという心理の現れからくるものなのです。

どんな心理を隠しているのか…と見破るのは難しいものですが、例えば緊張することもない相手と会話をしている時に鼻を触る仕草をしていたのなら、何か隠し事をしていて見破られないように気を付けている可能性が高いと言えるでしょう。

小説やドラマなどで一度は目にしたことがあるはずですが、鼻を触る描写がある時に登場人物が何らかの隠し事をしているのは決して珍しいものではありませんよね。

隠し事をしていることは、小説やドラマでも描かれるほど鼻を触る心理の中でも代表的な心理と言えるのです。

 

弱気になっている

鼻を触る仕草を頻繁にやっている人の性格は、弱気な人や自分に自信がない人が多くいます。鼻を触るという仕草は、自分の気持ちを周りに見せたくない、守りたいという防衛反応の現れでもあるでしょう。

弱気な人や自信がない人は、自分を守ることに一生懸命になっているので、その心理が鼻を触るという仕草に現れているのです。

また普段自信があるように見える人でも、実は内心自信がない、弱気になっているという人も。日頃の言動や立ち振舞ではそう思えなくても、頻繁に鼻を触る仕草をしているなら、内心自信がないと思っている可能性が高いのです。

プライドが高い人にもよく見られる仕草でもあるので、鼻を触る仕草をよくしている人が身近にいる場合には、出来るだけプライドや気持ちの面を刺激しないように心掛けていくと、相手と良い距離が保てるはずです。

 

嘘をついている

嘘をついていることを隠すために、鼻を触るという場合もあるのです。特にこの仕草は男性に多い心理を表す仕草なので、付き合っている男性が嘘をついているか嘘をついていないか、それを見破るための判断材料としても覚えておいて損はないでしょう。

嘘をついている時は、とにかくそれを見破られないようにしたい、気持ちを隠したいという心理が働いてしまうものです。

その心理が強く働けば働くほど、無意識に仕草として現れてしまうものでしょう。その中でもとても多い仕草というのは、嘘をつく時に鼻を触るという仕草になるのです。

他にも目をそらす、合わせないなどの仕草もあるので、嘘をついている心理を見破りたい時は他の仕草についても、相手をじっくり観察してチェックしてみると良いでしょう。

 

まとめ

鼻を触る心理について注目をしてきました。心理を知っておくと、その人の心理状態を知りながら接することが出来るので、程よい距離を保つことや距離を縮めることが出来るため、知っておいて損はありません。

恋愛以外ではなくても役立つ心理でもあるので、ビジネスやプライベートの場面において鼻を触る人の心理を覚えておくと、いつの日か役立つ場合が多いと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です