めんどくさい心理になるのはなぜ?その時の対策とは

めんどくさい心理になる時に、自分は不真面目なのかな…と悩む時もありますよね。でもどうしても面倒に思うため、自分で対策が分からない時も。

では、めんどくさいと感じる時には、どのような心理がはたらいているのかについて、一緒に見ていきましょう。

 

気を使う余裕がない

相手に対して気を使う余裕がない時には、めんどくさい心理になる場合があります。相手に対しての愛情の有無が関係しているのではなくて、余裕がない可能性が高いでしょう。

 

心身が疲れている

自分の心身が疲れているような時に、やりとりをする相手に対してめんどくさい…と思う時があります。

自分では疲れていると分からないケースもあるでしょう。でも本当は面倒だと感じているのは、心身が出しているサインでもあるのです。

無理に相手とやりとりをすると、更に心身が疲れてしまうかもしれません。こう感じる時には、少し相手との距離を置いて出来るだけ気を使わずに接するように意識してみましょう。

 

多忙すぎる

普段から多忙な人も、人とのやりとりをめんどくさいと思う心理がはたらきやすいでしょう。でも自分が忙しいからといって、適当な対応をしてはいけない思いもあるのす。

ここで葛藤状態になり、もっと相手に対して丁寧に接しなければ…とは思うのですが、多忙で余裕がないため出来ないのでしょう。

相手がこちらの状況を理解してくれればいいのですが、相手から見ると冷たい人だと思われるかもしれません。

もし失っては困る相手だと思うのなら、今どうしても多忙だから…と電話などで伝えるようにしましょう。

そして、落ち着いたら連絡をすると伝えれば相手と一時的に距離を置いたとしても、関係が切れてしまうことはないのです。

 

恋愛慣れしていない

恋愛慣れしていないので、異性と仲良くなってもどう接していいのか分からないため余裕が持てないのです。

普段のやりとりに対して、色々神経を使うので「恋愛は疲れるものだな…」と思う気持ちもあるでしょう。

特に相手を好きすぎるようなケースでは、気を使うのが更に大変になります。どうでもいい相手なら、適当な対応が出来ても好きな人にはそうはいきませんよね。

なんとかこちらを好きになってもらおうという思いもあるのです。このため努力をしようとするのですが、努力しようと思えば思うほどめんどくさくなってしまう時も。

相手とのやりとり対して、肩に力が入りすぎている可能性がありますので、少し肩の力を抜いて接するようにしたいですね。

 

元々の性格

性格的に面倒くさがりの人もいます。面倒なことは、今目の前にあったとしても出来るだけ後回しにして、考えないようにするときも。

 

約束をやぶる可能性も

面倒くさがりの人は、約束をしたとしてもドタキャンをする可能性があるでしょう。当日になって、面倒だなぁ…と思うとドタキャンをしてしまうのです。

これは男女ともに言える心理でしょう。約束を平気でやぶるので、楽しみに当日用意をしていた人や、待ち合わせ場所に行った人はとても不快な気持ちになります。

そして、もう二度と約束をしない!と思うかもしれません。

もしくは1度や2度は許せても、3度ドタキャンが続くともう限界…と感じるケースもあるでしょう。

約束をやぶられるかもしれない…と思いながら約束をするのもひとつの方法ですが「今度ドタキャンをしたらもう二度と会いません」のように、最初から伝えておくといいですね。

 

金銭管理が苦手な場合も

お金を貯めるのは根気が要るもの。でも面倒くさがりの人は貯金をしようと決めても、なんだか面倒だなぁと思ってしまい、結局お金が貯まらないのです。

お金に対してだらしない面もあるでしょう。気前がいいように見えて、何も考えていない人もいるでしょう。

めんどくさいと思う心理は、いちいち計算して割り勘にするくらいなら、自分が全部払った方が楽というもの。

周りの人から見ると、一緒に遊びに行けばごちそうをしてくれると思われて人気があるかもしれません。でも彼氏がこういう性格だとかなり困りますよね。

金銭管理をしっかりできる人になるためには、貯金は案外楽しいものだと伝えてあげる必要があります。

自分がしている貯金の方法を伝えて、一緒に貯金をしてみよう?と誘えば乗ってくれる可能性もあるでしょう。

 

相手に対して興味がない

相手に対してあまり興味がないと、やりとりを面倒だと思うもの。こういう場合には、めんどくさい心理がはたらく時が多いのです。

 

受け身になる時が多い

自分から積極的に動く気持ちになれないので、受け身でいるケースが多いでしょう。受け身でもいいから会えると思い女性が努力をした場合に、都合のいい女と思われるかかもしれません。

尽くしてあげるのはいいのですが、あまり過度になると相手が調子にのることもあるでしょう。そして成長出来なくなってしまうので、普段から受け身の男性には愛情をあまり持たずに、少し様子を見ながら接した方が賢明です。

 

恋愛をしたくない

恋愛に対してめんどくさいと思う心理も。これは今までの恋愛で嫌な思いをしてきた時にもなる心理です。

今までかなり努力をして異性のために頑張ってきたけれど、結果としてあっさり振られてしまった…。こういう経験のある人は、もう一生懸命恋愛をするのはやめようと思うもの。

恋愛をいつのまにか遠ざけるようになるでしょう。最初から自分の中でセーブをしているので、なかなか本気で人を好きにならないのです。

好きになると面倒なことになると思い込んでいるので、出来るだけ相手と距離を置いてやりとりをする場合も。

もし仮に一目惚れをするような場面があれば、めんどくさいとは思わずに熱い思いで恋愛をするのも可能になるでしょう。

 

まとめ

めんどくさい心理には、なんらかの思いが隠されいることが多いです。でも特に理由はないけれど、なんだかめんどくさい…と感じるような時も。

季節の変わり目が原因だったり、女性ホルモンが関係していたり。もしこういう気持ちになった時には少しリラックスして、休養できそうな時には時間を自分のためにとってみましょう。

穏やかな気持ちになれると、日々が楽しいものになり面倒だとあまり感じなくなるケースもあるのです。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね!

>>>からかう心理ってなに?男性の思いを理解してみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です