片思いで疲れた時は仕切り直し!気分転換によいこと

片思いで疲れたと感じる皆さん、すっきり気持ちを入れ替えて、新たな生活をスタートさせたくなりませんか。片思いを諦めるべきか、それともなんとか頑張るか。どちらの選択をするにも、かなりの根性が必要でしょう。

辛い片思い。いくら相手を想っても届かない気持ちは、ストレスや不安が募るだけ。そんな恋をずっと続けると、自分自身に対する愛情もなくなってしまいます。

こんな時は、上手に気持ちと向き合いながら、疲れた心を入れ替えることが大切。自分を苦しめているのは、気持ちを受け止めない相手でなく、自分自身の可能性も。

片思いで疲れたときは、気分転換になることが必要ですね。何をすれば新しい恋に向けて頑張れるか、後悔せずに過去を振り切る方法を、見ていきましょう。

 

片思いが疲れる原因に納得しよう

片思いは、先が見えない恋。「いつになったら、ホッとできる日がくるのだろう」と毎日悩んでしまいます。でも片思いをしている人のなかには、いつまでもあきらめずに頑張っている人もいますよね。

忘れるべきか、それともこのまま想い続けるか。気持ちを入れ替えるタイミングをつかむためにも、片思いが辛いと感じる理由を考えましょうね。

 

成功する見込みがない

片思いの相手には、恋人がいる場合もあります。または結婚している人で、すでに誰かのものになっていることもあるでしょう。こんなシチュエーションでは、いくら自分が頑張って相手にアプローチしても、答えがすでに見えていますよね。

相手が振り向いてくれない片思いとは違い、成功する確率がない場合は、考えを変えてみましょう。どっぷりはまってしまう前に、できるだけ早く、気持ちを入れ替えたほうがよいでしょうね。また、ライバルが多い人に恋をしたときも同様で、どこまで頑張るべきかわからない恋も、疲れる原因になります。

 

感情的になりすぎている

片思いをすると、自分が悲劇のヒロインのように思え、恋をしている自分が可愛く感じることもあるでしょう。

相手がまったく自分の存在を知らなくても、無意識に恋愛を演出し、感情的になることがあります。するとコントロールするのが難しく、感情に振りまわされて、冷静な考え方ができないことも。

ストレスや不安がたまりやすい感情的な人は、一度冷静になり、客観的な判断をすることも大切です。

 

こだわりすぎている

片思いが疲れるのはなぜか、自分でもよくわからないことがありますよね。好きな人がいて、本当は楽しいはずなのに、なぜか胸が辛くなるとき。片思いの人を忘れられないのは、変なこだわりがあることも要因のひとつですよ。

たとえば、相手に思わせぶりなことをいわれて、期待している人。ライバルに絶対負けたくないと思うときなど、片思いを諦められないこだわりが生まれてしまいます。そんなときは一歩下がって、相手の魅力を考え直すとよいでしょう。

 

恋愛以外のことに夢中になろう

片思いで疲れたときの解決策は、恋愛以外のなにかに全力で熱中することです。「恋は盲目」だといわれていますが、好きな人のことだけで頭がいっぱいになると、見逃している大切なことも色々とありますよ。

 

お金を貯める

片思いで疲れたとき、辛い思い出しか残っていないと、時間の無駄になった気にもなるでしょうね。

そんなときに生活を楽しくするものは、場合によっては経済的な余裕であることも。仕事に夢中になり、貯金を増やせば、自分のために買い物や旅行などもできますよね。

そんな楽しみを広げることで、新たな出会いがどこかで待っている可能性があります。「結婚できなくても、お金さえあれば」と、自分を励ましてみませんか。

 

友達と過ごす

恋愛をすると、すべての時間が彼氏のために費やされ、友達との付き合いが減る傾向に。これは片思いも同様で、相手のことしか頭にないと、ほかのことにやる気がわかず、友達とも疎遠になっているでしょう。

そんなときは、友達ともっと楽しい時を過ごして、辛い思いを語るのも方法のひとつ。気分転換をするのに、一人では限りがあります。

でも、一緒に励ましてくれる人がそばにいると、嫌なこともすっきりと忘れられるでしょうね。

 

趣味を見つける

人生のなかで、恋愛しか楽しみがないというのは、もったいないですよね。好きな人と一緒にいる時間はとても楽しくて、あっという間のこと。でも恋愛に頼ってばかりでは、自分一人の人生の楽しみがなくなってしまいます。

「いまはちょっとだけ、恋愛をお休みしたい」という人は、趣味をはじめてみましょう。夢中になれるエクササイズ系、アート系など、自分に自信をつけるためにも、スキルを磨くことが大切です。

 

一人で悩まずオープンになろう

片思いは、決して恥ずかしいことでも、悲しいことでもありません。辛い時期を乗り越えてこそ、素敵な出会いが待っているのです。

でも、ひとりでいつまでも悩んでいると、ネガティブな発想しかできなくなりますよね。そんなときは勇気を出して、心をオープンにしてみませんか。気分転換に、色々な人とコミュニケーションをとることも大切ですね。

 

第三者に相談しよう

片思いが実らなかった理由、なぜ好きな人が振り向いてくれなかったのか。冷静になって考えてみると、自分にも原因があるかもしれません。今後の素敵な恋愛に向けて、第三者に相談してみるのもよいでしょう。

体験談は人に話して、初めて自分のなかで消化できるものです。恋愛の辛い経験は、誰でも一度はあるので、賛同してくれる人が登場してくれれば、勇気をもらえるかもしれません。

 

相手を分析してみよう

片思いの相手は、なぜか美化されて記憶に残ります。そのため、忘れられずに引きずってしまう人もいるでしょう。そんなときは友達と一緒に、片思いの人について分析するのも、忘れる方法かもしれませんね。

違う人から見た印象や評価は、自分では気が付かなかった部分も多いはず。人の意見を聞いて、はじめて辛い気持ちが吹っ切れるかもしれませんね。

 

まとめ

片思いで疲れた時は、そのままずるずると気持ちを引きずらずに、一度は仕切り直して、自分の気持ちを冷静に考えることが大切です。

未練が残ることもありますが、恋愛はその場で立ち止まった状態では、どこに行くこともできません。

気分転換をする勇気を持ち、心を入れ替えた時に、二度目のチャンスが訪れるかもしれません。素敵な恋をして、過去のよい思い出になるように、いまは恋愛以外のことで頭のなかをいっぱいにしましょう。

 

☆こちらの記事も関連しています。

>>>両想いになる方法が知りたい!片思いから卒業するには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です