声が小さい心理を理解して積極的になる方法とは

声が小さい心理は、シャイな性格や弱気になりやすい人に共通する点ですが、なかにはいつも元気で積極的なのに、ある瞬間になると声が小さい心理が働き、違った態度をとることもあります。

声が小さい人は必ず周囲に存在しますが、なぜそんな態度になってしまうか理由が気になるところ。

誰かに「今なんて言ったの?」ときつく聞き返されると、すぐに自信喪失につながります。そんな壁を乗り越えて、積極的になるためにはどのようなことに注意したらよいのでしょうか。

では声が小さい心理を理解して、もっと積極的に行動するためのコツを見ていきましょう。

 

声が小さい心理とは

声が小さいとなにかと不便で、損する場面がありそうですが、どのような心理が隠れているのかを見ていきましょう。

 

気が弱い

気が弱い人は、比較的声が小さい場合が多いですよね。声を大きくすると相手を威圧するようで、そんな勇気が出せない人は、ぼそぼそと聞こえないような声で話してしまいます。

会話をするとき、自分の意見を相手に伝えるのはある種の自信がないと声にも張りが出ませんよね。

声が小さい心理は気が弱いため、グループで会話をする場合など、雑音のなかで何を言っても、自分の声がかき消されて結局誰も気が付いてくれないこともあるでしょう。

 

被害妄想が強い

被害妄想が強い人は、声が小さい心理のひとつで、自分がこれから言おうとすることが、周囲から意識されているのでは…と不安になってしまいます。

被害妄想がある人は、考えすぎる性格も共通点でこんなことを言ったら相手がどう思うだろう、嫌われたらどうしようと発言することがとても怖くなってしまうのです。

周囲からの評価を気にする人は、できるだけ無難な道を歩きたいため、本音で語れないことも多いですよね。もっと自信を持つようにして、周囲のなかに溶け込む工夫をすることが必要になります。

 

目立つのが嫌い

リーダー的な存在の人は普段の会話から声が大きく、一言発言するだけでも周囲から注目を浴びます。このタイプはみんなから注目されたい願望があるため、声が大きいことや動作がはっきりしているなど、とても目立つ存在に。

逆に声が小さい心理の意味は、目立つのが嫌い、恥ずかしいという気持ちがあるため。できるだけ人目につかないように、慎重な行動をしています。

誰かに意見を求められても、小さな声でみんなに気が付かれないように自己主張をするようにするでしょう。

 

声が小さいと損をする?

声が小さい心理を理解すると同時に、知っておきたいのは声が小さいデメリットについて。どんな場面で損してしまうか、いくつかのポイントを見ていきましょう。

 

相手に振り舞わされてしまう

声が小さい心理とは、気が弱い人やはっきり発言できない人など色々です。自分のことをよく理解してくれる人だけに囲まれて生活できれば、全く心配することはありません。

でも自己主張したり発言したりする際は、ある程度の声量が必要ですよね。声が小さいと気が弱いことが相手にバレてしまい、都合よく振りまわされてしまう場面も。

反対しても声が小さいので聞き取れずに、いつも自分だけが損することになるでしょう。

 

自信がないと思われる

声が小さい心理は性格的なものや、潜在意識など色々なことが影響してきます。自信がないと発言した時に必然的に声は小さくなるもの。

相手には、自分の存在をうまくアピールできないこともあります。正しい意見を言っているにも関わらず、声が小さいために自信がないと思われて、評価されない場面もあるでしょう。

このような損をする場面を繰り返していると、結局自分は受け入れられないのだと思い込み、ますます引っ込み思案になってしまいます。

 

存在感がない

声が小さい人は存在感が少なく、グループのなかではいつも端っこにいる人。たとえば飲み会でも、みんなが盛り上がっている話題に入れずに、いつも聞き役になってしまうでしょう。

声が小さいのは自信がないからというだけではなく、過度の緊張により普通の声で話せない人も。内気な人に共通する点ですが、誰と話をするにもドキドキしてしまい、普段から声を大きくする習慣がないため、慣れないことに緊張してしまうのです。

声が小さいといわれても、それが自分でできる精いっぱいのこと。存在感をアピールしたくても声が小さいために、なかなか気がついてもらえないのです。

 

積極的になる方法について

声が小さい心理を理解したら、そこからどうやって解放されるか改善策を見つける必要があります。声が小さいのは決して悪いことではありませんが、シチュエーションに合わせて自己主張できないと困りますよね。

 

コンプレックスをなくす

声が小さくて損をすると感じた時は、まずコンプレックスが何かを考えてみましょう。自信がないことは声の大きさにも関係していますので、勇気を持って自信をつけるためにはどんなコンプレックスでも克服する努力が必要に。

たとえばダイエットがありますよね。いつも失敗してしまうダイエット、目標を達成できれば自分でもできると自信がわきます。

その気持ちが声の大きさにもつながり、いつのまにか胸を張って周囲に響き渡る声で話せるようになるでしょう。

そのためには自分の嫌いな面、苦手なところなどを発見して改善するやことが大切です。

 

自分の大きな声に慣れる

声が小さいと、たまに大きな声を出すと自分の声ではないような気がしてとても不安を感じるもの。

慣れないことをするのは抵抗を感じやすいものです。声が小さい人は、自分の声量の限度を知らないため、大きな声を聞くととても不思議な気持ちになるでしょう。

人が聞く声と自分が聞く声は違って耳に入ってきますよね。発言するのが恥ずかしいと感じる人は、自分のイメージする声と実際の声を聞き比べて、どのように人に伝わっているのかチェックしてみましょう。

スマホの録音機能を使って自分の声を知ることで、大きな声にも慣れて恥ずかしい気持ちも軽減します。

 

まとめ

声が小さい心理は気が弱い、おとなしい性格など、相手にはマイナスイメージとして伝わることがほとんどですよね。

声が小さいのは心理的な背景がありますが、その時の感情や考えも声の大きさに関係しています。

うまく自分を表現するためには、その都度目的に合わせて声の大きさを調整できるように意識していきたいですね。

 

☆こちらの記事もお勧めです。

>>>チラチラ見る人の心理が語る隠された気持ち

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です