時計を見る男性の心理~こんな時はどう対処するべき?

時計を見る心理。一緒にいる男性が、ちらちらと腕時計を見る仕草は、一体どんなメッセージを送っていると思いますか。

時間に追われて忙しい時は、いつでも時計が気になります。でも、その人がどんな状況に置かれているかわからない場合は、時計を見る心理が、なんだか気になりますよね。時間ばかりを気にする人は、心の中で、色々なことを考えているようです。

一般的に時計を見るのは、時間を気にしているからということになります。でも楽しい時なら、あっという間に時間が過ぎていくものですよね。

ちょっと気になる、時計を見る心理。もし、身近にこんなタイプの男性がいたら、心の奥底について知っておくと、安心です。

 

時間が気になるのはこんな場面

時間に追われて生活するのは、仕事をしている人だけではありません。家庭の主婦、学生などもそうです。色々な場面で、時計を見る仕草がありますが、こんなシチュエーションではとても時間が気になりますよね。

 

仕事で忙しい

男性が、時計を見る心理。一番多いのは、仕事で時間に追われているためで、締め切りや提出時間、会議のスタートなど、毎日が時間の戦いです。社会人になったら、遅刻や時間にルーズな生活は、直さないと評価が下がってしまうこともあるでしょう。

仕事で忙しい時は、あっという間に時間が過ぎるもので、うまく24時間を活用するためには、時計とにらめっこになることもありますよね。月末や月初など、仕事が多くなる時期は、特に時計の存在が気になるでしょう。

 

時計を見る癖がある

スマホや壁時計など、時間をチェックする方法は色々とありますよね。なかでも腕時計は、男性のおしゃれアイテムのひとつ。ビジネスシーンでは「仕事が出来る人」と思われたいために、腕時計をわざと使う男性も少なくありません。

スーツの袖からちらっとのぞく腕時計をチェックする姿は、とても素敵ですよね。そんな周囲の視線を意識している人は、普段からかっこつけるために、腕時計を見る心理があり、プライドが隠しきれないのでしょう。

 

急ぎの用事があるため

男性が時計を見る心理は、次の予定までの時間をチェックするためで、特に慌てているときは、時間の経過が気になりますよね。

仕事の急ぎの用事、デートの待ち合わせなど、遅刻したくない場面で、時計を何度も見る心理につながるでしょう。

時計を見ても、物事の進みが変わるわけではありませんが、用事があるときは、無意識に時間を気にしてしまうものです。

そんなに慌ててしまうと、簡単なミスを犯し、失敗する可能性もあるので、とりあえずは落ち着いて、状況判断をするようにしましょう。

 

時計ばかりを見る心理とは?

時計ばかりを見る心理には、相手にそれとなく送っているメッセージがあります。言葉で言えないことは、行動や仕草で受け止めることも大切ですね。一体、どんな意味が隠されているのでしょうか。

 

相手に時間がないとメッセージを送っている

早くしないと、電車の時間に間に合わない。そんな緊迫した場面で、世間話が止まらない人がいると、何度も時計を見る心理につながります。

この行為は、相手にストレートに「急いでいること」を伝えられないため、時計を繰り返し見ることで、相手にその場の空気を読んでほしいというメッセージなのです。

しかし、話に夢中になっている人の前で時計を見たところで、相手はすぐに察知しないもの。本当に時間がなくて危ない時は、相手の話をさえぎり、丁寧にその場を去ることも大切です。

 

規則正しい生活を送っている

毎日起きる時間、寝る時間、食事をする時間などが、すべて頭の中にプログラムされている人は、時計を見ながら、規則正しく次の行動に入ります。

人の都合で振りまわされるのが嫌いなこのタイプ、何がなんでも、自分のスケジュールを大切にし、普段と違った行動をとるのが嫌いな性格です。

時計を見ながら、そろそろ帰る支度、生活の細かい動作まで、時間で区切っていますので、効率的な面もありますが「柔軟性がない」と思われることもあるでしょうね。

 

退屈な場面で早くその場から去りたい

つまらない会話、延々に続くミーティングなど。退屈なシーンでは、できればすぐにでも立ち去りたいですよね。

しかしどうにもならない時は、時計を見る心理につながり「つまらない」という気持ちを相手にメッセージとして送っているのです。

もし、自分の目の前の人が何度も時計を見ていたら、どう思いますか。決して、良い印象としては受け取れない行為ですよね。

でも、相手からはメッセージを送っていることもあるのです。デートの時に、男性が時計ばかり見るのは、ちょっぴり危険信号かもしれませんね。

 

シーンとした場面で思わずやってしまう

会話が続かず、シーンとしている場面。次に何を話すべきかわからない時に、思わずやってしまう行動です。

手元のコーヒーカップを見たり、スマホをいじったり。そんな状況でやることがないと、時間を気にしていないにも関わらず、時計を見てしまうことがあります。

緊張する、相手と過ごす沈黙の時間。何とも言えない不安や、気まずい空気が流れる瞬間ですよね。時計を見ても、状況が変わることはありませんが、なんとなく盛り上げたいという気持ちは、相手にも伝わる可能性があります。

 

時計ばかり見るとこんな誤解をされるかも?

時計ばかりを見る男性。相手には、こんな風に誤解されていることもあります。「そんなつもりでなかったのに」と、後で後悔しても、些細な行動が決定打になることがあります。

 

心に余裕がない

ちらちら時計を見る仕草は、心に余裕がないサイン。こんなタイプの男性だと「器が小さい人」と女性から思われる可能性がありますよね。

 

失礼な人

時計を見る仕草は、つまらないサイン。早くその場から去りたいサインだと、受け止められることが多いですよね。デートの最中に、緊張のために何度も腕時計を見てしまったら、女性が気分を害してしまう可能性もあります。たとえ意味なくやってしまう行為でも、目の前に相手がいるときは、充分に注意しないといけません。

 

まとめ

時計を見る心理。男性は、かっこつけているだけかもしれませんが、相手にとっては意味深な行為だと思われることがよくあります。

本当に時間を気にしているのなら、相手にはっきりと伝えること。コミュニケーションが、誤解されないための大切なカギになるでしょう。私たちは、毎日時間に追われて生活していますが、時計をみなくても、生活できる余裕を持ちたいですね。

 

☆こちらの記事もオススメです。

>>>サングラスをかける男性の心理・隠したいのは瞳だけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です