帽子をかぶる人の心理を理解して仲良くなる方法

帽子をかぶる人の心理は、おしゃれ上手な人であることが共通点。しかしそれだけでなく、「帽子」というアイテムには心理的な意味があり、皆さんも無意識にやっていることかもしれません。

おしゃれは、周囲の視線を気にして自分を着飾ることですが、おしゃれの仕方は十人十色。その意味も、人それぞれ違います。

「帽子をかぶる心理なんてわからない」という人もいると思いますが、普段のファッションのなかで帽子を使うのは、ちょっと勇気がいることですよね。

あるのとないのでは、大きな違いが生まれる帽子。ではかぶる人の心理について理解し、仲良くなる方法について、みていきたいと思います。いつもおしゃれな人と友達になるために、知っておきたいことにはどんな意味があるのでしょうか。

 

帽子をかぶる人の心理とは

帽子をかぶる心理は、普段帽子を使わない人には、わからない部分が色々あると思います。失敗しやすいおしゃれアイテムのひとつで、そんなリスクを抱えてまでもかぶる人には、次のような心理がかくされています。

 

プライドがとても強い

帽子というアイテムの存在について、まず考えてみましょう。おしゃれするときに、帽子は必ずしも必要なものではありません。

ですが、さらにプラスアイテムとして「自分を素敵に見せたい」とおしゃれにこだわりがある反面、プライドが高い性格と言えるでしょう。

帽子というものは、心理学的に見た場合、自分をよく見せたい時に使うアイテムと考えられています。普段から、帽子をトレードマークのようにしてかぶっている人は、周囲との差をつけたくて、プライドが高い人の証拠ですよ。

 

周囲の視線を気にするタイプ

帽子は、日焼け防止や暑いところで頭を守る機能がありますが、冬でもかぶる人や室内でも帽子が手放せない人もいますよね。

このタイプは、周囲の視線がとても気になる性格の持ち主。ストローハットやニット帽、ベースボールキャップなど色々ありますが、レストランで食事をするときも帽子をかぶったままの人をたまに見かけます。

普段から帽子をかぶっている人は、それが自分の一部になっているため、帽子をかぶらないと、裸の自分を見られるような不安を感じてしまいます。

 

洋服とセットで脱ぎたくない

帽子を上手にコーデできる人は、上級者。こんなタイプは洋服と帽子、アクセサリーがワンセットとしての着こなしになっているので、帽子を脱ぐとちぐはぐになる不安があります。

これはサングラスをするときと同様で、帽子をファッションの一部と考えているため、そのままのスタイルを大切にしたい主張の現れなのです。

しかし状況によっては、帽子を脱いだほうがよい場合もありますので、失礼にならないように状況判断をして、おしゃれを生かすことも大事ですね。

 

帽子を脱げない理由があるから

帽子をかぶる人の心理は、心の奥底に隠された人間性や価値観、考え方などがありますが、メンタル的な意味でなく、どうしても脱げない状況なんてことも存在します。次のような理由は、もしかしたら皆さんも経験があるのではないでしょうか。

 

髪の毛がぐしゃぐしゃだから

朝起きて、すぐにどこかに行かないといけない、近所のコンビニまで行きたい、そんな場面で、わざわざ髪の毛をセットするのは手間になります。

ちょっとだけの外出のためなら、帽子が髪の毛を隠すよいアイテムに早変わり。彼氏が寝坊しそうになり、帽子をかぶって慌ててやってきたとき。こんな姿を見ると、時間がなくて髪をセットできなかったのだと想像ができますよね。

女性も同様で、綺麗に髪を巻きたいけど、時間がないという場合には、おしゃれな帽子でとりあえずごまかすことがあるでしょう。

 

薄毛を隠すため

頭頂部分は最近ボリュームがなくなった、抜け毛が増えて髪が減ったという方。年齢とともにふさふさだった髪は、コシがなくなり、全体量がぺたんこになってしまいます。

特にトップは、頭皮が透けて見えてしまうほど、ボリュームが減ることもあり、これでは老けたように見える不安もありますよね。

しかし髪を増やすのは、数分でできることではありません。ましてや薄毛でオシャレをするのは絶対に嫌、そんなときは帽子が最適のアイテムに早変わりして、薄毛なんて簡単に隠して、自信を回復してくれます。

 

根元の髪の色を隠したいとき

ヘアカラーをしばらくお休みすると、髪の根元から黒い色が目立ち、ツートンカラーになるのはちょっと恥ずかしいですよね。

でもたまにはカラーリングをお休みして、頭皮もリラックスしたいときがあるでしょう。こんな場合も、帽子をかぶる心理につながり、どうしても帽子を脱げない状態になっています。

おしゃれは自分をよく見せるためのもの。帽子はそんな意味がありますが、同時に人に見せたくないものを隠す役割も兼ねています。

 

帽子好きの人と仲良くなるには

帽子をかぶる心理を理解すれば、仲良くなるきっかけもつかみやすくなるでしょう。次のポイントを意識して、帽子が好きな人に近づくと、自然に仲良くなれるかもしれませんよ。

 

帽子を褒める

帽子をかぶる心理は、コンプレックスや短所を隠す意味がありますので、自信をつけてあげるためには、帽子のファッションを褒めてあげましょう。

「いつも素敵な帽子かぶっていますね」そんな一言が励ましになり、オープンな関係で付き合いがスタートできるでしょう。

また男性の場合は、帽子姿がかっこいいとコメントしてあげれば、さらにセンスを磨き、おしゃれな人に変わるかもしれませんね。

帽子が好きなのか、それとも脱げないのか、それぞれ違う目的で愛用していますので、意味を理解してあげることが大事なのです。

 

無理に脱げといわないこと

帽子をかぶっていると目立つ場所、また失礼になるシチュエーションもありますが、帽子をかぶる人の心理は、不安で脱げない深刻な場合もあります。

そんな人に対して、無理やり帽子を脱げというのはプレッシャーとなり、人間関係もうまくいかない可能性がでてくるでしょう。

あくまでも、帽子をかぶるか脱ぐかは、本人の判断次第。無理やりなにかさせると、恐怖を感じる性格の人かもしれないので、注意が必要です。

 

まとめ

帽子をかぶる人の心理は、なんとなく自分にも共通する部分はあるかと思います。とてもおしゃれなアイテムの帽子、かぶる状況によっては、心の中までも推測されているかもしれませんよ。

これからは、楽しくファッションを楽しみながら、帽子を上手に活用して、自分の魅力をアピールしていきましょう。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>腕を組む時の心理で考えられる男性の思い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です